【第1回】AWS EC2にNginx+Tomcat+CorrettoでJava11環境を作る


この連載ではAWSのEC2を使ってJavaのWebアプリ環境を数回に渡って作成していきます。

作成する環境は以下の通りです。
EC2 : Amazon Linux 2
nginx : 1.12.2
Tomcat : 9.0.24
jdk : 11.0.4 (Corretto11)

では順に作成していきましょう。


■0. 準備

まずはAWSのEC2を用意します。以下の設定だけしてあとはデフォルトで作成しました。
・AMIにAmazon Linux 2を選択
・セキュリティグループのインバウンドで、「80」「443」「8080」を許可。

■1. Amazon Corretto11 (Java11) のインストール

まずAmazon Correttoとは何かという話ですが、一言で言うとAmazonが提供する無償のJDKとなります。⇒ 公式
Oracle JDKのサポートが有償化(商用利用の場合)されている中、Correttoは無償で使用することができるJava SE互換のあるディストリビューションとなっています。
今回はこちらを使ってJava実行環境を構築します。

今回はEC2にAmazon Linux 2を使用しているので、こちらを参考にインストールしていきます。

EC2にSSH接続したら、以下のコマンドを実行しましょう。

sudo yum install java-11-amazon-corretto

バージョンを確認して、以下の様になっていればOKです。

なっていない場合は、公式の手順にもある通り以下のコマンドを実行してCorretto11を選択します。

sudo alternatives --config java

再度バージョン確認してCorrettoのバージョンが表示されていればOKです。

■2. Java動作確認

念のためJava動作確認をしてみましょう。
以下のようなファイルを作成しました。

public class Sample{
        public static void main(String[] args){
                System.out.println("Hello World!");
        }
}

実行は通常通り「javacコマンドでコンパイル ⇒ javaコマンドで実行」で良いのですが、
せっかくなのでjavaコマンドで直接実行してみました。(Java11からはできるみたいです。)

(※注意点として、コンパイル済みのSample.classがあると実行できません。)

もちろん通常通りも実行可能です。

これでとりあえずJavaが実行できる環境は完成です。


Javaの実行環境が欲しいだけであればこれで十分ですが、せっかくEC2を用意したので
次回はNginxとTomcatをインストールしてWeb環境を作成してみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP