【CCNP試験対策】練習問題で学ぶCCNP【ディストリビュートリスト編】


【CCNP試験対策】練習問題で学ぶCCNP【ディストリビュートリスト編】

CCNPの試験で出題されるような問題を見ながら、CCNAに比べて深くなった部分や、CCNAでは触れていなかった部分を解説していきます!
今回はルーティングのフィルタリングに関する内容を書いていこうと思います。
CCNAに合格して、次の資格としてCCNPを学習中の方や、またはこれからCCNPの学習を始めようとしている方の助けになれば幸いです。

問題1

ダイナミックルーティングで交換されるアップデートに対してフィルタリングを行うことのメリットは次のうちどれですか。(2つ選択)

  1. 特定のネットワークを隠ぺいすることが出来る。
  2. ルーティングテーブルが大きくなる。
  3. 経路の冗長化を行うことが出来る。
  4. ルーティングループを防ぐことが出来る。
問題1の解答と解説を表示

問題2

ディストリビュートリストを使用して、ダイナミックルーティングのアップデートをフィルタリングする際に、OSPFのフィルタリングの特徴として正しい記述は以下のうちどれですか。

  1. OSPFのフィルタリングを行うと、Helloパケットが送信されなくなる。
  2. OSPFのフィルタリングを行うと、Helloパケットは送信されるが、LSAが送信されなくなる。
  3. OSPFのフィルタリングを行うと、アップデート情報の交換は行われるが、ルーティングテーブルに反映されない。
  4. ディストリビュートリストでは、OSPFのフィルタリングを行うことが出来ない。
問題2の解答と解説を表示

問題3

Cisco機器でディストリビュートリストの設定を行う際の正しいコマンドは次のうちどれですか。

  1. (config-router)#distribute-list < ACL番号 > out
  2. (config-router)#distribute-list < ACL番号 > in <インターフェース>
  3. (config-router)#distribute-list < IPアドレス > <ワイルドカードマスク> in <インターフェース>
  4. (config-router)#distribute-list < IPアドレス > mask <サブネットマスク> in <インターフェース>
問題3の解答と解説を表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP