【CCNP試験対策】練習問題で学ぶCCNP【EIGRP編】Part 3


【CCNP試験対策】練習問題で学ぶCCNP【EIGRP編】Part 3

CCNPの試験で出題されるような問題を見ながら、CCNAに比べて深くなった部分や、CCNAでは触れていなかった部分を解説していきます!
今回もEIGRPに関する問題を出題していこうと思います。
CCNAに合格して、次の資格としてCCNPを学習中の方や、またはこれからCCNPの学習を始めようとしている方の助けになれば幸いです。

問題1


EIGRPが動作しているルータが上記の図のように構成されています。左側のルータで「Router(config-router)#variance 2」というコマンドを設定し、不等コストロードバランシングを有効にすると、どの経路がルーティングテーブルに登録されますか。リンク上のオレンジ色の数値はそのリンクのメトリックを表しています。(全て選択)

  1. R1を経由する経路
  2. R2を経由する経路
  3. R3を経由する経路
  4. R4を経由する経路
  5. R5を経由する経路
問題1の解答と解説を表示

問題2

EIGRPのルータでアドバタイズするネットワークを手動で集約する際に使用するコマンドとして正しいものは次のうちどれですか。

  1. (config-router)# ip summary-address [IPアドレス] <サブネットマスク>
  2. (config-router)#summary-address eigrp [AS番号] [IPアドレス] <サブネットマスク>
  3. (config-router)#auto-summary
  4. (config-if)#ip summary-address eigrp [AS番号] [IPアドレス] <サブネットマスク>
  5. (config-if)#summary-address [IPアドレス] <サブネットマスク> eigrp [AS番号]
問題2の解答と解説を表示

問題3

EIGRPでのスタブの特徴として正しいものは次のうちどれですか。

  1. 経路を通知しなくなる。
  2. Queryパケットが到達する範囲を拡張する。
  3. 全てのルータで設定を行う。
  4. SIAを防ぐことが出来る。
問題3の解答と解説を表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP