【CCNP試験対策】練習問題で学ぶCCNP【OSPF編】Part 2


【CCNP試験対策】練習問題で学ぶCCNP【OSPF編】Part 2

今回から、「練習問題で学ぶCCNP」というタイトルでいろいろと書いていこうと思います!
今回も引き続き、CCNPの試験で出題されるような問題を見ながら、CCNAに比べて深くなった部分や、CCNAでは触れていなかった部分を解説していきます!
CCNAに合格して、次の資格としてCCNPを学習中の方や、またはこれからCCNPの学習を始めようとしている方の助けになれば幸いです。

問題1

デバイスを設定して、EBGPで学習したルートよりも優先パスとしてOSPFで学習したルートを選択します。 どのアクションを実行する必要がありますか?

  1. OSPFコストを増やす
  2. OSPFコストを減らす
  3. OSPFのアドミニストレーティブディスタンスを大きくする
  4. OSPFのアドミニストレーティブディスタンスを減らす
問題1の解答と解説を表示

問題2

OSPFは、ルートのアドミニストレーティブディスタンスおよびメトリックに関係なく、どの順序でルートを選択しますか?

  1. エリア内→エリア間→NSSA1→NSSA2→外部1→外部2
  2. エリア間→エリア内→外部1→外部2→NSSA1→NSSA2
  3. エリア間→エリア内→NSSA1→NSSA2→外部1→外部2
  4. エリア内→エリア間→外部1→外部2→NSSA1→NSSA2
問題2の解答と解説を表示

問題3

ルートを集約するために使用される次の2つのOSPFコマンドを最もよく説明しているステートメントはどれですか?
area 0 range 192.168.110.0 255.255.0.0
summary-address 192.168.110.0 255.255.0.0

  1. area rangeコマンドは、ネットワークが存在するエリアを定義します。 summary-addressコマンドは、自動集約を有効にします。
  2. area rangeコマンドは、ネットワークが存在するエリアを定義します。 summary-addressコマンドは、エリアのサブネットを集約します。
  3. area rangeコマンドは、サブネットが存在するエリアを指定し、サブネットを他のエリアに集約します。 summary-addressコマンドは、外部ルートを集約します。
  4. area rangeコマンドは、特定のエリアのサブネットを集約します。 summary addressコマンドは、すべてのエリアのサブネットを集約します。

問題3の解答と解説を表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP