V言語 モジュール定数


V言語 モジュール定数

概要

スクリプト全体で使用する値は
トップレベルスコープに定義する。
これをモジュール定数と呼ぶ。

通常の定数・変数が関数の内部でしか
定義・使用できないのと違い、
スクリプト内なら、
すべての関数内で利用可能である。

フォーマット

定義

モジュール定数を定義するときは=を使う。

通常の定数や変数を定義するときの:=
通常の変数の値を変更するときの=
連想配列の各要素を定義するときの:
これらと区別して混同しないようにする。

const (
    モジュール定数 = 値
    モジュール定数 = 値
)

利用

通常の定数・変数同様に名前で呼び出せばよい。

関数(モジュール定数)
関数('${モジュール定数}')

コード例

// # モジュール定数
// ## モジュール定数の定義
const (
    // ### 命名規則
    // パスカルケース
    // ### 定義方法
    // モジュール定数の値の定義では`=`を使う。
    LanguageName = 'V'
    Author       = 'Alexander Medvednikov'
)

// ## モジュール定数の利用
fn print_module_constants(){
    // 通常の定数や変数同様に利用できる
    println(LanguageName)
    println(Author)
}

// ## モジュール定数の利用
fn main() {
    // 複数の関数内で利用できる
    print_module_constants()
    // 展開も通常の定数・変数と同じくできる
    println('${LanguageName} : Made by ${Author}')
}

実行結果

参照

  1. V言語公式リポジトリ
  2. V言語公式ドキュメント
  3. V言語変更履歴
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP