VS Codeのミニマップを非表示にする


Visual Studio Code のミニマップを非表示にする


VSCodeのミニマップ(下の画像の右側の部分)。馴れると便利なのですが、ソースコードの表示部を少しでも広くしたい場合には邪魔に感じることもあります。このミニマップは簡単に表示/非表示を切り替えることができるので、試してみてはいかがでしょうか。
※ この記事は、VSCodeのバージョン: 1.32.1を使用しています。

■ショートカットでサクッと表示/非表示を切り替える


◆ Ctrl + Shift + P (すべてのコマンドを表示)
◆ >ミニマップ(minimapでも可)を入力してエンター

これだけで表示/非表示が切り替わります。

■設定画面から変更する


◆画面左下の歯車マークから、設定を選択する

◆テキストエディター → ミニマップの項目から、Enabledのチェックで表示/非表示を切り替える

/ ユーザー設定を変更している図 \

設定画面から変更する場合、ユーザー設定か、ワークスペース設定を選べます。
どのプロジェクトでもミニマップを使わないならユーザー設定で良いですし、このプロジェクトだけで使用しないならワークスペース設定が良いでしょう。

以上です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP