【CCNA対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【スイッチ編】Part 4


【CCNA対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【スイッチ編】Part 4

CCNAの勉強をしている方へ向けて、試験範囲の対策問題を作成してみました。
今回はVTP,DTPをメインに出題していきます。どっちも結構忘れやすいところだと思うので気を付けよう!

問題1

スイッチのポート上でDTPを無効化するには以下のどの設定を行えばよいでしょうか。適切なものを1つ選択してください。

  1. スイッチのポートをトランクとして設定する。
  2. スイッチ上のポートをチャネルグループに追加する。
  3. 動作モードをstatic accessに設定する。
  4. 管理モードをaccessに設定する。
問題1の解答と解説を表示

問題2

スイッチにおけるDTPのデフォルトの設定を以下の中から1つ選択してください。

  1. ON
  2. OFF
  3. Auto
  4. Access
問題2の解答と解説を表示

問題3

VLANの設定に関して正しく述べられているものを以下の中から1つ選択してください。

  1. VLANは 2〜4064まで作成することができる。
  2. VTPモードがトランスペアレントモードのスイッチではVLANの情報がrunning-configだけに保存される。
  3. VLANを作成するにはスイッチのVTPモードをサーバモードまたはトランスペアレントモードにする必要がある。
  4. 拡張VLANを作成するには(config-vlan)#のモードでコマンドを実行する。
問題3の解答と解説を表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP