無料で監視ツールを構築しよう~Zabbixの操作(3)~

この記事は2014年8月18日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


無料で監視ツールを構築しよう~Zabbixの操作(3)~

さまざまな監視機能


今回は、さまざまな監視機能の説明や、指定した条件による障害検知などについて紹介していきます。

zabbixの各機能


zabbixでは、さまざまな用途や目的にのために、いろいろな監視方法に対応しています。
以下は、zabbixが対応している各機能の概要となります。

監視タイプ 概要 監視項目の例
Zabbix エージェント Zabbixエージェントによる監視
(サーバからエージェントに対してデータを要求)
CPU使用率、メモリ使用率、ディスク使用率、ファイル監視、Web 監視
Zabbix エージェント(アクティブ) Zabbix エージェントによる監視(エージェントからサーバに定期的にデータを送信) ログ監視
SNMP エージェント SNMP エージェントによる監視 CPU 使用率、メモリ使用率、ディスク使用率、ディスクI/O、ネットワークI/O
SNMP トラップ SNMP トラップによる監視
IPMI チェック IPMI によるハードウェア監視
シンプルチェック エージェントを使用しない監視 ICMP ping、TCP 疎通、TCP 応答時間
内部チェック Zabbix サーバ自身の監視 稼働時間、アイテム数、プロセスの CPU 使用率
SSH チェック SSH 経由による監視
Telnet チェック Telnet 経由による監視
外部チェック スクリプトやコマンドによる監視


zabbixによる監視のさまざまな種類


ここでは、よく使われるzabbixの監視項目のうち、代表的なものを以下に表示します。

監視項目 キー 戻り値 設定例
CPU 使用率 system.cpu.util[,,] system.cpu.load[,] 使用率 (%)
浮動小数
system.cpu.util[,user,avg5] system.cpu.load[,avg5]
メモリ使用率 vm.memory.size[] バイト数 / % vm.memory.size[free]
ディスク使用率 vfs.fs.size[fs,] バイト数 / % vfs.fs.size[/,pfree]
ネットワーク使用率 net.if.in[if,] net.if.out[if,] 整数 net.if.in[eth0,bytes] net.if.out[eth0,bytes]
プロセス起動数 proc.num[,,,] プロセス数 proc.num[httpd,apache]
ポート net.tcp.port[,port] net.tcp.service[service,,] 0(down) / 1(up) net.tcp.port[,80] net.tcp.service[http]
ファイルのチェックサム vfs.file.cksum[file] チェックサム vfs.file.cksum[/var/log/messages]


ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP