AmazonEC2へのPostfixインストール手順

この記事は2013年12月20日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


AmazonEC2へのPostfixインストール手順

AWSのEC2環境へ、Postfixをインストールする手順をまとめます。
(前回Apache,Passengerをインストールした時同様、EC2にこだわる必要はないのですが、せっかくEC2を使っているので)

Postfixとは

そもそも、Postfixとは?という説明を簡単にしておきましょう。
PostfixはMTAサーバ。サーバ間のメール送信&受信を受け持ちます。

Postfixのインストール

それでは早速yumでPostfixからインストールしていきましょう。

# yum install postfix

次にデフォルトで起動しているsendmailを停止します
(自動起動設定もOFFにする)

# /etc/rc.d/init.d/sendmail stop
# chkconfig sendmail off

次に、選択MTAをPostfixに指定します。

# alternatives --config mta

postfixを選択します。

これでインストールは完了です。
ではここで、第一の確認として、
「ローカルのユーザからローカルのユーザ同士にメールが送信できるか」を
確認してみましょう。

まず、動作確認するユーザを追加します

# useradd userA
# useradd userB

ユーザAからユーザBにメールを送信します。

# su userA
$ sendmail userB

入力待ち状態になるので、次のように入力します。

From:userA
To:userB
Subject:TEST

HONBUN
.

From,To,Subjectの行がメールヘッダ部分です。
改行をはさんで本文(HONBUN)を入力。本文の終了時はドット「.」だけ入力して改行します。
これでメールが送信されました。メールが送信されたかを確認しましょう。

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP