AmazonEC2へのdovecotインストール手順

この記事は2013年12月20日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


AmazonEC2へのdovecotインストール手順

AWSのEC2環境へ、dovecotをインストールする手順をまとめます。
(Apache,Passenger,Postfixのインストール同様、EC2にこだわる必要はないのですが、せっかくEC2を使っているので)

dovecotとは

そもそも、dovecotとは?という説明を簡単にしておきましょう。
dovecotはMUAサーバ。メール受信サーバのことです。
サーバのMaildirに格納されているメールを、クライアントのメーラに受信できるようにしてくれます。

dovecotのインストール

それでは早速yumでdovecotをインストールしていきましょう。

# yum install dovecot

設定ファイル「/etc/dovecot/conf.d/10-mail.conf」を編集します。

# vim /etc/dovecot/conf.d/10-mail.conf

下記箇所を変更します。
「mail_location = maildir:~/Maildir」

これに合わせて、postfixの設定も変更します。

# vim /etc/postfix/main.cf

「home_mailbox = Maildir/」

# vim /etc/dovecot/conf.d/10-auth.conf

プレインテキスト認証を許可します「disable_plaintext_auth = no」
「no」ですが、「disable」をNOにしているのでプレインテキスト認証許可の意味になります。

それでは、クライアントのメーラにアカウントを作成して、受信ができるかどうか確認してみましょう。
メーラはOutlookやThunderbirdなど、色々使っていると思うので、一般的な手順を説明していきます。

手順1.
 メーラを立ち上げて、アカウント追加をメニューから探して選択

手順2.
 メールアドレスとパスワードを入力
 ここで、メールサーバのドメインが取得できていない場合は、
 ローカルPCのhostsファイルにドメインとIPアドレスの対応を記述し、
 ローカルPCでメールアドレスのドメインとインストールしたサーバの紐付けを行いましょう。
 hostsファイル場所:「C:WindowsSystem32driversetchosts」
 追記内容:「【ドメイン名】 【IPアドレス】」

手順3.
 POP3サーバとSMTPサーバの設定を行います。現状の基本的な設定を下記のように行う。
 ・POPポート:110
 ・SMTPポート:25
 ・接続の保護:なし
 ・認証方式:平文のパスワード認証 
 
手順4.
 受信・送信時にパスワードを聞かれればOKです。
 もし、パスワードを聞かれずに認証されてしまう場合は、メーラのパスワード管理画面を開き、
 該当するパスワードを一度削除してからメーラを再起動し、再確認しましょう。

感想

メールサーバはWebサーバほど設定を色々見たことがなかったので、少しこんがらがって大変でした。
みなさんは整理しつつ、1つずつ進めていってください。あとEC2にドメインをとっていないので、その点も面倒でした。受信メールサーバについては別の記事にまとめていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP