ユーザープロファイルを読み込めません…Windows7のログイン時のトラブルシューティング

この記事は2013年12月5日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


いつもの通りWindowsを立ち上げてログインしようとしたところ、「ユーザープロファイルを読み込めません。」のエラーメッセージが。
このトラブル時の簡単対処法を記しておきます。以下の分岐に従って解決していってください。

ログインできなくなったアカウント以外に、別のアカウントがあるか?

ある⇒(1)へ

ない⇒(2)へ

(1)別のアカウントでログインを試してみてください。

ログインできた⇒(3)へ

ログインできなかった⇒(2)へ

(2)新しいユーザーアカウントを作成する必要があります。

↓ Windowsを再起動しましょう。
↓ 再起動が始まる前からF8を連打してください。
↓ 詳細ブートオプション画面が立ち上がったら、「セーフモードとコマンドプロンプト」を選んでENTER
↓ Windowsがセーフモードで立ち上がります。ログインできなかったアカウントのパスワードを再度入力すればログインできます。
↓ コマンド画面が開きますので、以下の2つを入力してください。
  net user <新しく作成するユーザー名> /add
  net localgroup Administrators <新しく作成するユーザー名> /add
↓ 再起動
↓ 新たに作成したユーザー名でログインできるようになります。
↓ (3)へ

(3)システムの復元

※新規のユーザー名を作成したあとでプロファイル名をコピーする必要があるのですが、
もっと面倒くさくなくて簡単な方法が「システムの復元」です。
※(1)から来た人は、新しくユーザーアカウントを作る必要もなく、ログインできなくなる前の状態へと戻すことができます。
※システムを復元しても、写真やファイル等が消去されることはありませんので、
ほとんど無傷でログインできなくなる状態に戻すことができます。

↓ スタートボタン内の「プログラムとファイルの検索」から「システムの復元」を検索。
↓ 復元ポイントの情報が表示されるので選択。だいたいは前日か前々日かが表示されるので、直近のものを選べばよし。
↓ システム復元後、再起動をかければ、ログインできなくなる直前までの状態に戻ることができます。

まとめ

今回のようなログインできなくなる事態は、ユーザープロファイルフォルダの中にあるファイルやフォルダの破損
(ファイルの内容やアクセス権など)が原意で起こるとされていますが、
なぜそれが破損してしまうのかは多種多様なケースがあり、特定できていない部分が多いです。

私は過去に2回経験していますが、解決策が分かると面倒くさいながらも簡単なので、冷静に対処すればいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP