カレンダーをCalDAVクライアントで管理しよう(CalDAV/DAViCALの構築)②

この記事は2013年10月21日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


カレンダーをCalDAVクライアントで管理しよう(CalDAV/DAViCALの構築)②

「CalDavZAP(Webクライアント)」の概要

今回は、「CalDavZAP(Webクライアント)」について、紹介していきたいと思います。
「CalDavZAP(Webクライアント)」は、jQuery/JavaScriptで開発されています。
しかし、「CalDavZAP(Webクライアント)」は、Webアプリとなるため、予め、Webサーバが必要となります。
[note] ・OS:CentOS-5.9
 ⇒windowsでも、LinuxでもWebサーバが設置できるところであれば、問題なし。
・Webサーバ:apache http server
 ⇒http文書が公開できるサーバであれば問題なし。
[/note]

 

「CalDavZAP(Webクライアント)」のダウンロード

まずは、apacheがインストールされているサーバに接続し、ソースをダウンロードします。

cd /usr/local/src
wget http://www.inf-it.com/CalDavZAP_0.9.1.2.zip

本家サイト
http://www.inf-it.com/open-source/clients/caldavzap/

 

「CalDavZAP(Webクライアント)」のインストール

「CalDavZAP」の解凍をし、ドキュメントルートに配置します。

unzip CalDavZAP_0.9.1.2.zip
ls -l caldavzap
mv caldavzap /usr/local/apache2/htdocs/

※apacheのドキュメントルートは、ここでは「/usr/local/apache2/htdocs」とします。

 

「CalDavZAP(Webクライアント)」の設定

caldavzapディレクトリ配下の「config.js」ファイルを開き、59行目を修正します。

cd /usr/local/apache2/htdocs/caldavzap/
vi config.js

・変更前

//var globalNetworkCheckSettings={href: 'http://davical.server.com:8080/caldav.php/', hrefLabel: null, crossDomain: n        ull, additionalResources: [], forceReadOnly: null, withCredentials: false, showHeader: true, settingsAccount: true, s        yncInterval: 60000, timeOut: 30000, lockTimeOut: 10000, delegation: false, backgroundCalendars: [], ignoreAlarms: fal        se}
// Davical example (client installed into Davical subdirectory - works out of the box, no additional setup required):
var globalNetworkCheckSettings={href: location.protocol+'//'+location.hostname+(location.port ? ':'+location.port: ''        )+location.pathname.replace(RegExp('/+[^/]+/*(index.html)?$'),'')+'/caldav.php/', hrefLabel: null, crossDomain: null        , additionalResources: [], forceReadOnly: null, withCredentials: false, showHeader: true, settingsAccount: true, chec        kContentType: true, syncInterval: 60000, timeOut: 30000, lockTimeOut: 10000, delegation: false, ignoreAlarms: false,         backgroundCalendars: []}

・変更後

//var globalNetworkCheckSettings={href: 'http://davical.server.com:8080/caldav.php/', hrefLabel: null, crossDomain: n        ull, additionalResources: [], forceReadOnly: null, withCredentials: false, showHeader: true, settingsAccount: true, s        yncInterval: 60000, timeOut: 30000, lockTimeOut: 10000, delegation: false, backgroundCalendars: [], ignoreAlarms: fal        se}
// Davical example (client installed into Davical subdirectory - works out of the box, no additional setup required):
var globalNetworkCheckSettings={href: location.protocol+'//'+location.hostname+'/davical/caldav.php/', hrefLabel: null, crossDomain: null        , additionalResources: [], forceReadOnly: null, withCredentials: false, showHeader: true, settingsAccount: true, chec        kContentType: true, syncInterval: 60000, timeOut: 30000, lockTimeOut: 10000, delegation: false, ignoreAlarms: false,         backgroundCalendars: []}

※caldavサーバのドキュメントルートに合わせてください。

「CalDavZAP(Webクライアント)」の確認

①ブラウザを開き、「CalDavZAP」にアクセスします。
・URL
⇒http://[サーバドメイン名]もしくは[サーバIP]/caldavzap/
※ユーザー名・パスワードは、個別で確認してください。
1

②ユーザー名・パスワードを入力後、[Login]ボタンをクリックします。
2

②ログインすると、スケジュール表が表示されます。
1
「CalDAVZAP」の使い方については、別途機会があれば紹介したいと思います。
また、日本語版がないので、自身でカスタマイズする必要があります。
日本語化できたら、そちらも紹介したいと思います。

 

次回は、「jqCalDAV(Webクライアント)のインストールとインストール・設定」について説明していきたいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP