Red5 フリーソフトのFlashストリーミングサーバ ~開発クライアントの構築 その7~

この記事は2013年5月27日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


Red5 フリーソフトのFlashストリーミングサーバ ~開発クライアントの構築 その7~

 

>> red5ストリーミングの帯域制限

 

(1)red5ストリーミングの帯域制限

今連載では、前回までの変更したソースファイルを使用し、帯域を調整して、ストリーミングの動作検証をしてみたいと思います。
なお、動作環境は、以下のようになっています。

・red5サーバインストール環境
windows 7 pro
・javaSDK
“1.6.0_37″(64bit)
・red5サーバ
version 0.8
red5サーバでは、帯域制限の機能は、バージョン0.5から導入されています。
しかし、バージョン0.9から帯域制限の際に関連しているクラスがなくなっています。
主に関連してるクラスは、以下のようなものです。


・IStreamCapableConnectionクラス
・IBandwidthConfigureクラス
・SimpleConnectionBWConfigクラス
など

 

(2)ソースコードのコンパイル

まずは、前回までの変更したソースファイルを使用していきます。
Eclipseを起動して、「oflaDemo2」プロジェクトを開きます。

「Application.java」ファイルをクリックして、開きます。

変更する箇所は、39行目から45行目となります。
また、クラスを3つ、追加します。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP