jQuery(JavaScript)入門 第2回

この記事は2012年10月22日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


jQueryの実行

では、実際にjqueryのhide()を使ってHTMLファイルのリストからIDをtest3に設定している牛丼を非表示にしたいと思います。

<script>  $(function(){  $(‘#test3’).hide();  }); </script>

これを先ほど作ったscript src~~タグの下に書き込みます。

これを実行すると以下のようになり牛丼が消えました。

ただ、このheadタグに埋め込む方法ではSEO対策観点からすると不利になってしまいます。 そこでjqueryコードの外部化を行いたいと思います。

scriptタグの中のコードを切り取り新しく『testscript.js』というファイルを作り貼り付けます。 そして、空になったscriptタグを

<script src=”testscript.js”></script>

と書き換え、headタグはこのようになります。

<head>

<meta http-equiv=”Content-Type” content=”text/html; charset=JIS” />

<title>jquerytest</title>

 <script src=”jquery-1.8.2.js”></script>

<script src=”testscript.js”></script>

</head>

これでjqueryコードの外部化は完了です。

次回はドキュメントの操作をやってみたいと思います。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP