LinuxServer yumによるパッケージ管理 パッケージの操作方法

この記事は2012年10月3日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


LinuxServer yumによるパッケージ管理 パッケージの操作方法

今回はパッケージの操作方法についてです。

インストール・アンインストール・グループ

各コマンドは下記に示す通りです。
順を追って確認していきましょう。

各方法

パッケージのインストール

パッケージをインストールするには下記のコマンドを使用します。
# yum install 

この際、対象パッケージが依存している他のパッケージが
インストールされていない場合、一緒にインストールされます。

[実行例] # yum install ntp
読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks, presto, refresh-packagekit
Loading mirror speeds from cached hostfile
* fedora: ftp.kddilabs.jp
* updates: ftp.kddilabs.jp
依存性の解決をしています
–> トランザクションの確認を実行しています。
—> パッケージ ntp.x86_64 0:4.2.6p5-2.fc17 は インストール です
–> 依存性の処理をしています: ntpdate = 4.2.6p5-2.fc17 のパッケージ: ntp-4.2.6p5-2.fc17.x86_64
–> トランザクションの確認を実行しています。
—> パッケージ ntpdate.x86_64 0:4.2.6p5-2.fc17 は インストール です
–> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

============================================================================
Package アーキテクチャ バージョン    リポジトリー  容量
============================================================================
インストール中:
ntp x86_64     4.2.6p5-2.fc17 fedora       595 k
依存性関連でのインストールをします:
ntpdate x86_64 4.2.6p5-2.fc17 fedora 76 k

トランザクションの要約
============================================================================
インストール 1 パッケージ (+1 依存するパッケージ)

総ダウンロード容量: 671 k
インストール済み容量: 2.0 M
これでいいですか? [y/N]

ここで’y’を選択するとパッケージ「ntp」、「ntpdate」がダウンロードされ、
インストールを実行します。

パッケージのアンインストール

パッケージのアンインストールには以下のコマンドを使用します。
# yum remove

この際、対象パッケージが依存している他のパッケージもアンインストールされてしまいます。
[実行例] # yum remove ntpdate
読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks, presto, refresh-packagekit
依存性の解決をしています
–> トランザクションの確認を実行しています。
—> パッケージ ntpdate.x86_64 0:4.2.6p5-2.fc17 は 削除 です
–> 依存性の処理をしています: ntpdate = 4.2.6p5-2.fc17 のパッケージ: ntp-4.2.6p5-2.fc17.x86_64
–> トランザクションの確認を実行しています。
—> パッケージ ntp.x86_64 0:4.2.6p5-2.fc17 は 削除 です
–> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

============================================================================
Package アーキテクチャ バージョン    リポジトリー  容量
============================================================================
削除中:
ntpdate x86_64 4.2.6p5-2.fc17 @fedora 118 k
依存性関連での削除をします:
ntp x86_64 4.2.6p5-2.fc17 @fedora 1.8 M

トランザクションの要約
============================================================================
削除 1 パッケージ (+1 依存するパッケージ)

インストール済み容量: 2.0 M
これでいいですか? [y/N]

ここで’y’を選択するとパッケージ「ntpdate」、「ntp」のアンインストールを実行します。

パッケージグループについて

yumではグループ化されたパッケージがありますので、関連するパッケージを
一つ一つインストールする必要はなく”yum group関連コマンド”でパッケージの
インストール/アンインストールが行えます。

# yum groupinstall
# yum groupremove

グループ名については、yum grouplistコマンドで確認できます。
グループに含まれるデフォルトパッケージとオプションパッケージは
# yum groupinfo コマンドで確認できます。

[実行例] # yum groupinfo “FTP サーバー”
読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks, presto, refresh-packagekit
Loading mirror speeds from cached hostfile
* fedora: ftp.kddilabs.jp
* updates: ftp.kddilabs.jp

グループ: FTP サーバー
説明: これらのツールを使用するとシステムで FTP サーバーを稼動することができます。
強制的なパッケージ:
vsftpd
オプション パッケージ:
proftpd
pure-ftpd
xferstats

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP