CalDAV / DAViCALの構築 クライアントツールの使い方(1)

この記事は2012年9月24日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


カレンダー(DAViCAL)の追加

カレンダー(DAViCAL)の追加

[Lightning]をインストールすると、メニューに[予定とToDo(N)]が追加されます。
[予定とToDo(N)]-[カレンダー]をクリックすると、カレンダーが表示されます。

カレンダーが表示されたら、メニューの[ファイル(F)]-[新規作成(N)]-[カレンダー(N)]をクリックします。

[新しいカレンダーを作成します]が表示されます。[ネットワークのサーバに保存する]にチェックして、[次へ(N)]ボタンをクリックします。

以下のように設定をして、[次へ(N)]ボタンをクリックします。

  • [フォーマット]⇒[CalDAV]にチェックをつける。
  • [場所]    ⇒[http://(ドメインもしくはIPアドレス)/davical/caldav.php/(名前)/my_address/] ※「ドメイン」や「IPアドレス」、「名前」は個別に設定してください。
  • [キャッシュ] ⇒チェックをつける。

[カレンダーのカスタマイズ]が表示されます。以下のように設定をして、[次へ(N)]ボタンをクリックします。

  • [名前]      ⇒好きな名前を入力する。
  • [色]       ⇒好きな色をクリックする。
  • [アラーム通知する]⇒チェックをつけない。
  • [メール]     ⇒[なし]をクリックする。

  1. [ユーザ名とパスワードを入力してください]が表示されます。以下のように設定をして、[OK]ボタンをクリックします。
  2. [ユーザ名] ⇒サーバーで設定したユーザ名を入力する。
  3. [パスワード]⇒サーバーで設定したパスワードを入力する。
  4. [パスワードマネージャにこのパスワードを保存する。]にチェックする。

[カレンダーの作成完了]が表示されます。[完了]ボタンをクリックします。

Thunderbird に追加した名前が表示されていれば、設定完了です。

ページ:
1 2

3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP