CalDAV / DAViCALの構築 Davicalの動作確認(2)

この記事は2012年9月10日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


Davicalの動作確認(2)

カレンダー用ユーザーの削除

(1)カレンダー用のユーザーを削除

カレンダー用のユーザーを削除するためにの操作画面が用意されていません。
そのため、SQL文を使用して、データベースより直接削除することになります。
次のSQL文は、前回(第8回)で作成したカレンダー用のユーザーを削除する場合の例となります。

BEGIN;
DELETE FROM relationship WHERE to_user = (SELECT user_no FROM usr WHERE username=‘yamada’);
DELETE FROM relationship WHERE from_user = (SELECT user_no FROM usr WHERE username=‘yamada’);
DELETE FROM collection WHERE user_no = (SELECT user_no FROM usr WHERE username=‘yamada’);
DELETE FROM property WHERE dav_name LIKE ‘/yamada/%’;
DELETE FROM usr WHERE username = ‘yamada’;
COMMIT;

また、SQL文を操作するまでのコマンド例は以下となります。

# su – postgres ← postgresユーザーでログイン
$ psql -U davical_dba -d davical
psql (8.4.12)
Type “help” for help.

davical=>

 

(2)削除したユーザーの確認

削除したユーザーの確認を行うには、メニューの[ユーザー機能]-[ユーザーのリスト]にて確認できます。

先ほど削除ユーザーが存在しなければ、OKです。

新規プリンシパルを作成する画面が表示されたら、各項目を入力(選択)していきます。

  • ユーザー名     :「総務部」
  • パスワードを変更する:「*****」
  • パスワードの確認  :「*****」(再入力)
  • 氏名        :「総務グループ」
  • Emailアドレス   :「」
  • ロケール      :「日本語」
  • 日付形式スタイル  :「ISO形式」
  • プリンシパルタイプ :「グループ」
  • Privileges granted to All Users:「読み書き」ボタン

必要な情報を入力(選択)したら「作成」ボタンをクリックし、情報を反映させます。

 

(2)作成したグループ用ユーザーの確認

作成したユーザーの確認を行うには、メニューの[ユーザー機能]-[グループのリスト]で確認をすることができます。

先ほど作成ユーザーが存在すれば、次のように表示されているはずです。

 

(3)ユーザーの割り当て

作成したグループに既存ユーザーを割り当てることによって、カレンダーの共有を行うことができます。
まず、メニューの[ユーザー機能]-[グループのリスト]でグループ一覧を表示します。

先ほど作成グループを選択し、クリックします。

追加する箇所は2箇所で、1つ目は、グループメンバーに追加します。
グループメンバーの項目にユーザー選択するためのプルダウンがあるので、その中から追加したいユーザー(ここでは、「山田太郎」を選択)を選び、[ADD]ボタンをクリックします。

2つ目は、プリンシパル許可に追加します。
1つ目と同じように、ユーザー選択するためのプルダウンがあるので、その中から追加したいユーザー(ここでは、「山田太郎」を選択)を選び、[読み書き]ボタンをクリックし、画面の一番右にある[作成]ボタンをクリックします。

 

(4)ユーザーの割り当ての確認

作成したグループに既存ユーザーが割り当てられているかを確認します。
まず、メニューの[ユーザー機能]-[グループのリスト]でグループ一覧を表示します。

作成したグループの「所属するメンバー」に割り当てたユーザーがいるかを確認することができれば割荒れ野完了です。

これでグループの管理作業は終了です。
なお、グループの削除については、ユーザー削除と同じで、SQL文を使用し、直接削除する形となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP