CalDAV / DAViCALの構築 Apache・Davical・データベースの環境設定とDB作成

この記事は2012年8月27日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


Apache・Davical・データベースの環境設定とDB作成

PGSQLサーバの環境設定とアクセス制限設定

PostgreAQL

(1)PostgreSQLの初期化

データベースのデータを格納するディレクトリを作成します。
このことを「クラスタ」(DBの初期化)と呼びます。
initdb コマンドで「データベースクラスタ」を作成しますが、この時、必ず「postgres」ユーザーとして実行してください。
データベースクラスタは、PGDATA「/usr/local/pgsql/data」に作成されます。
「- -pgdata」オプションで作成する場所を指定することもできます。

# su – postgres ← 「postgres」ユーザーでログイン
$ /usr/local/pgsql/bin/initdb – -encoding=UTF-8 -D /usr/local/pgsql/data ←データベースクラスタ(データベースの初期化)の実施
 

 

(2)PostgreSQLのアクセス設定

PostgreSQL初期設定を「/usr/local/pgsql/data/pg_hba.conf」ファイルで行います。
IPv6での認証をオフに。
localhostの認証モードをtrustにしてあります。
初期設定が済んだら認証方法をpasswordなどに変更します。

$ vi /usr/local/pgsql/data/pg_hba.conf ← PostgreSQLの初期設定
 

 
変更・追加内容の中身

local all all trust
host all all 127.0.0.1/32 trust
#host all all ::1/128 trust
#追加
host all all 192.168.100.0/24 trust

 

 
「/usr/local/pgsql/data/postgresql.conf」ファイルでPostgreSQLをlistenするアドレスとポートを指定します。

$ vi /usr/local/pgsql/data/postgresql.conf ← PostgreSQLの初期設定
 

 
追加内容の中身

listen_addresses = ‘*’
port = 5432

 

 

(3)PostgreSQLの起動・停止

PostgreSQLを起動します。

$ pg_ctl -D /usr/local/pgsql/data -l logfile start ← PostgreSQLの起動
server starting
 

 
PostgreSQLを起動したら、次のコマンドで確認してみてください。

$ pg_ctl -l ← PostgreSQLの確認
 

もし、PostgreSQLを停止する場合には、次のコマンドで停止してください。

$ pg_ctl -D /usr/local/pgsql/data -l logfile stop ← PostgreSQLの停止
waiting for server to shut down…. done
server stopped

 

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP