CalDAV / DAViCALの構築 PHPのインストール

この記事は2012年8月13日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


PHPのインストール

gettextのインストール

(1)gettextのダウンロードと展開

PHPをインストールする前に、「gettext」・「curl」のインストールをしなければなりません。
「gettext」とは、「プログラム内のメッセージ等を英語に訳す」という役割です。
「gettext」をインストールすることで、「CalDAV」プログラム内のメッセージ等を英語から日本語に変換する役目を果たす訳ですね。
また、「curl」とは、「Webブラウザのコマンドライン版のようなもので、与えられたコマンドを元にページ情報を取得する」という役割です。
「curl」も「CalDAV」プログラムを動作させるうえでHTMLファイルでの操作も出てくるため、必須といえます。
ではまず、「gettext」をダウンロードします。

# cd /usr/local/src ← 「/usr/local/src」ディレクトリに移動

# wget http://ftp.gnu.org/pub/gnu/gettext/gettext-0.18.1.1.tar.gz ← 「gettext-0.18.1.1.tar.gz」ファイルをダウンロード
–2012-07-25 19:45:29– http://ftp.gnu.org/pub/gnu/gettext/gettext-0.18.1.1.tar.gz
ftp.gnu.org をDNSに問いあわせています… 208.118.235.20
ftp.gnu.org|208.118.235.20|:80 に接続しています… 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています… 200 OK
長さ: 15139737 (14M) [application/x-gzip]
`gettext-0.18.1.1.tar.gz’ に保存中

100%[===================================================================================>] 15,139,737 113K/s 時間 2m 20s

2012-07-25 19:47:50 (106 KB/s) – `gettext-0.18.1.1.tar.gz’ へ保存完了 [15139737/15139737]

ダウンロードした「gettext-0.18.1.1.tar.gz」ファイルを展開します。

# tar xfz gettext-0.18.1.1.tar.gz ← 「gettext-0.18.1.1.tar.gz」ファイルを展開

※「gettext」の本家サイト
・URL

 

(2)Configureの実施とインストール

展開されたディレクトリ「gettext-0.18.1.1」に移動し、Configureを実行してMakefileを作成します。
※ソースコードの最新版は、本家サイトで確認してください。

# cd gettext-0.18.1.1 ← 「gettext-0.18.1.1」に移動

# ./configure ← Confiureの実施
checking for a BSD-compatible install… /usr/bin/install -c
checking whether build environment is sane… yes
checking for a thread-safe mkdir -p… /bin/mkdir -p
checking for gawk… gawk
checking whether make sets $(MAKE)… yes
checking build system type… i686-pc-linux-gnu
checking host system type… i686-pc-linux-gnu
configure: creating ./config.status
config.status: creating Makefile
config.status: creating gnulib-local/Makefile
・・・省略・・・

特にエラーが出なければ、makeを行います。

# make ← makeの実施
Making all in gnulib-local
make[1]: ディレクトリ `/usr/local/src/gettext-0.18.1.1/gnulib-local’ に入ります
make[1]: `all’ に対して行うべき事はありません.
make[1]: ディレクトリ `/usr/local/src/gettext-0.18.1.1/gnulib-local’ から出ます
Making all in gettext-runtime
make[1]: ディレクトリ `/usr/local/src/gettext-0.18.1.1/gettext-runtime’ に入ります
make all-recursive
make[2]: ディレクトリ `/usr/local/src/gettext-0.18.1.1/gettext-runtime’ に入ります
Making all in doc
make[3]: ディレクトリ `/usr/local/src/gettext-0.18.1.1/gettext-runtime/doc’ に入ります
make[3]: `all’ に対して行うべき事はありません.
make[3]: ディレクトリ `/usr/local/src/gettext-0.18.1.1/gettext-runtime/doc’ から出ます
Making all in intl
make[3]: ディレクトリ `/usr/local/src/gettext-0.18.1.1/gettext-runtime/intl’ に入ります
sed -e ‘/IN_LIBGLOCALE/d’
・・・省略・・・

特にエラーが出なければ、make installにて、インストールを行います。

# make install ← インストールの実施
Making install in gnulib-local
make[1]: ディレクトリ `/usr/local/src/gettext-0.18.1.1/gnulib-local’ に入ります
make[2]: ディレクトリ `/usr/local/src/gettext-0.18.1.1/gnulib-local’ に入ります
make[2]: `install-exec-am’ に対して行うべき事はありません.
make[2]: `install-data-am’ に対して行うべき事はありません.
make[2]: ディレクトリ `/usr/local/src/gettext-0.18.1.1/gnulib-local’ から出ます
make[1]: ディレクトリ `/usr/local/src/gettext-0.18.1.1/gnulib-local’ から出ます
Making install in gettext-runtime
make[1]: ディレクトリ `/usr/local/src/gettext-0.18.1.1/gettext-runtime’ に入ります
Making install in doc
make[2]: ディレクトリ `/usr/local/src/gettext-0.18.1.1/gettext-runtime/doc’ に入ります
make[3]: ディレクトリ `/usr/local/src/gettext-0.18.1.1/gettext-runtime/doc’ に入ります
make[3]: `install-exec-am’ に対して行うべき事はありません.
make[3]: `install-data-am’ に対して行うべき事はありません.
make[3]: ディレクトリ `/usr/local/src/gettext-0.18.1.1/gettext-runtime/doc’ から出ます
make[2]: ディレクトリ `/usr/local/src/gettext-0.18.1.1/gettext-runtime/doc’ から出ます
Making install in intl
make[2]: ディレクトリ `/usr/local/src/gettext-0.18.1.1/gettext-runtime/intl’ に入ります
・・・省略・・・

特にエラーが出なければ、「gettext」のインストールを終了です。

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP