HTML5 Chormeで動作するindexedDB サンプル1 【入門編 第2回】

この記事は2012年7月24日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


HTML5 Chormeで動作するindexedDB サンプル1 【入門編 第2回】

indexedDBを調査

HTML5 OFFLINE & STORAGEということで、indexedDBを調査しました。
まず、動くサンプルが殆ど存在しないという難点が。

このIndexedDBはブラウザにNoSQLのDBを持てる仕組みで、FirefoxとChromeで実装されており、IEも10から実装予定のようです。
ただ、Firefoxでは動作が確認できず。

ちなみにWeb SQL DatabaseはSQLiteベースの別の仕組みもあります。
ChromeやSafari、Operaなどで実装されていたのですが、2010年11月に仕様策定が断念されているようです。

今回は、Chrome(20.0.1132.57)にてサンプルを作りました。
Firefox(14.0.1)で確認したところ、以下のエラーがでて全く動きません。
UnknownError: The operation failed for reasons unrelated to the database itself and not covered by any other error code.

indexedDBの概要ですが、まずindexedDBをオープンし、ストアを構築します。
ストアにアクセスする為には、DBよりトランザクションを取得しストアにアクセスします。
それぞれのオブジェクトにアクセスした場合は、そのオブジェクトの処理後に成功/失敗などのコールバック関数を呼び出します。
コードを順をおって見ていきましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP