Flash Media Server4.5 ② ビデオチャットを作成する ~その1~

この記事は2012年7月23日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


Flash Media Server4.5 ② ビデオチャットを作成する ~その1~

FlashMediaServer4.5(FMS)の環境を利用し、簡単なビデオチャットを作成していきたいと思います。
ツールはAdobe Flash CS4、実装はActionScript3.0で行います。

※FMSのインストール手順についてはこちらをご覧ください。

さて今回は、自分のカメラで撮影した映像を、自分の画面に表示させる部分を実装してみます。
(ということで、FMSが絡むのは次回以後になります)

簡単なビデオチャットを作成してみましょう。

  1. 準備するもの
    PC、Flash作成ツール(AdobeFlash)、Webカメラ
  2. Adobe Flashを起動します。
    Flashソフトインストール済みの前提で進めます。
  3. 新規ドキュメントでAS3.0ファイルを選択します。

    AS2とAS3では、使える関数などが結構変わりました。
    今回はActionScript3.0として実装していきますので注意してください。
  4. メニューの[ウィンドウ>アクション]を選択します。
    下記のようなアクションタブが表示されます。

    ここがActionScriptを記述していくエリアになります。

  5. 早速、アクションエリアに下記のようなActionScriptを記述してみましょう。
    var mycam=Camera.getCamera();
    var mycam_audio:Microphone  = Microphone.getMicrophone();
    mycam.setMode(800,600,5,false);
    mycam.setQuality(0,100);
    var myvid:Video = new Video();
    myvid.x = 0;
    myvid.y = 0;
    myvid.width = 360;
    myvid.height = 270;
    myvid.attachCamera(mycam);
    addChild(myvid);
    
  6. flashファイルを保存しましょう。
    メニューの[ファイル>名前をつけて保存]で保存できます。
    flashファイルなので拡張子は「.fla」になります。
  7. パブリッシュします。
    メニューの[ファイル>パブリッシュ]をすると、flaファイルがパブリッシュされます。
    flaファイルを保存した場所に、同じファイル名で拡張子が「.swf」になったファイルが保存されます。

    ※パブリッシュとは:
    flashドキュメント(.fla)からflashムービー(.swf)を作成すること。
    Webサイトなどに表示されるflashは、flashムービーとしてパブリッシュされたものである。

    ※パブリッシュ設定について:
    メニューの[ファイル>パブリッシュ設定]で、パブリッシュ内容を設定できます。
    SWFのみのパブリッシュでよい場合はHTMLのチェックを外しておきましょう。

    Flashのタブを選ぶと、パブリッシュするSWFの設定ができます。
    FlashPlayerとActionScriptのバージョンを設定しましょう。

  8. パブリッシュしたSWFを見てみましょう。
    保存されたSWFをダブルクリックして表示します。
    ※FlashPlayerがインストールされていないと見れません。

    FlashがPCのカメラとマイクにアクセスすることの許可を求めるので、「許可」をクリックします。
    すると、Webカメラの映像が表示されます。

今回のまとめ

今回は1回目のActionScript実装ということで、
AdobeFlashの起動からパブリッシュまでの手順を説明しました。

手順5で記述したアクションスクリプトの説明は、次回行いたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP