HTML5 OFFLINE & STORAGE 【入門編 第1回】

この記事は2012年7月9日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


HTML5 OFFLINE & STORAGE 【入門編 第1回】

HTML5の仕様として検討されたWeb Storage

結局SQLはサポートされず、key/valueのシンプルなデータ型のみのサポートに留まっています。
オフラインでアプリケーションを動かす試みは色々な試験段階の様子です。
排他処理などはなく、処理速度優先で、データは壊れても構わないという考え方。

STORAGE

Web Storage

key/valueのシンプルなデータ型。
Cookieに似た利用方法だが、リクエストにはのらない。
localStorageはブラウザを閉じても同一urlからのアクセスに対して値を保持する。
sessionStorageはブラウザを閉じると破棄される。

 

IndexedDB

構造型データを保存することができる。
スキーマがなく、SQLを発行せず、インデックスを使って検索する。

 

SQLite

グーグルが開発したGears、アドビのAIR、Safariなどが先行して実装。
トランザクション管理などもあり、構造化されたデータを保持する。
組込みDBとして色々な製品に利用されている。
ローカルDBの実装は、構造も含めてクライアントに公開することになる。

Web Storageは、key/valueのシンプルなデータ型なので、実装が比較的容易。
SQLiteは、SQLを発行することもあり、ある程度サーバサイドと同じようにプログラムを実装できる。
処理実行後は、コールバック関数を定義し、それぞれを実装する流れ。

Google Gearsなどを入れれば、トランザクション管理なども行え、
オフラインアプリケーションを構築することが出来るのですが、何に使うかは考えるところだと思います。
現状の実装では、gmail、googleカレンダーなどがオフラインに対応していますが、
HTML5などのWeb標準に開発作業をシフトすることを理由に、開発を停止するとのこと。

関連リンク

HTML5
http://www.w3.org/TR/2010/WD-html5-20100304/

HTML5 Logo
http://www.w3.org/html/logo/

Web Storage
http://www.w3.org/TR/webstorage/

IndexedDB
http://www.w3.org/TR/IndexedDB/

SQLite
http://www.sqlite.org/

Google Gears
http://gearsblog.blogspot.jp/2011/03/stopping-gears.html

この記事に関連するおすすめ記事

HTML5 OFFLINE & STORAGE

HTML5 Chormeで動作するindexedDBのサンプル1

HTML5 Chromeで動作するindexedDBのサンプル2

HTML5 localStorage サンプル

HTML5 誰でも分かるHTML5の概要おさらい

HTML5 SEMANTICS コピペで簡単HTML5初めてのテンプレート

HTML5 Canvasでアニメーション

Twitter Bootstrap はじめに見るべき10サイトまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP