【CCNA試験対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【計算問題編】Part 2


【CCNA試験対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【計算問題編】Part 2

CCNAの取得を目指している方へ向けて、試験範囲の対策問題を作成してみました。
今回もIPアドレスやサブネットマスクなどの計算問題をまとめて出題していこうと思います。
実際の試験ではそこまで多くは出題されないようですが、計算のやり方が曖昧だと、それだけで解くのに時間がかかってしまったりするので、確実に計算法をマスターしておきましょう!

問題1

企業はネットワークアドレス172.16.0.0を使用することに決めました。ネットワーク管理者は、図示のように、30,40、および50のホストを持つ3つのサブネットを収容するためのクラスフルなアドレス指定方式を設計する必要があります。このネットワークに対応するサブネットマスクは何ですか?

  1. 255.255.255.192
  2. 255.255.255.224
  3. 255.255.255.240
  4. 255.255.255.248
  5. 255.255.255.252
問題1の解答と解説を表示

問題2

10.1.160.0/20サブネットに属するホストに対して有効なIPアドレスはどれですか?(3つ選択)

  1. 10.1.168.0
  2. 10.1.176.1
  3. 10.1.174.255
  4. 10.1.160.255
  5. 10.1.160.0
  6. 10.1.175.255
問題2の解答と解説を表示

問題3


上の図のようにネットワークが構成されています。このルータ1にスタティックルートを1つ設定して、172.16.1.0/24~172.16.3.0/24の3つのネットワーク全てをルータ2にアドバタイズしたいです。このとき、手動集約に利用するサブネットマスクは次のうちどれになりますか。

  1. 255.255.255.0
  2. 255.255.254.0
  3. 255.255.252.0
  4. 255.255.248.0
  5. 255.255.240.0

問題3の解答と解説を表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP