【CCNA試験対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【設定コマンド編】Part 2


【CCNA試験対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【設定コマンド編】Part 2

CCNAの取得を目指している方へ向けて、試験範囲の対策問題を作成してみました。
今回もコマンドに関する問題を出題していこうと思います。今回はshowコマンドではなく、文章から適するコマンドを選ぶ形式の問題をいろいろと作っています!

問題1

IPアドレス10.10.80.1/19をインターフェイスに設定するルータコマンドはどれですか?

  1. router(config-if)# ip address 10.10.80.1/19
  2. router(config-if)# ip address 10.10..80.1 255.255.0.0
  3. router(config-if)# ip address 10.10.80.1 255.255.255.0
  4. router(config-if)# ip address 10.10.80.1 255.255.224.0
  5. router(config-if)# ip address 10.10.80.1 255.255.240.0
  6. router(config-if)# ip address 10.10.80.1 255.255.255.240
問題1の解答と解説を表示

問題2

下の図のような構成になっているリージョナルオフィスネットワーク10.89.0.0/20と企業ネットワーク間のルーティングを設定する最も簡単な方法は何ですか?

  1. router1(config)#ip route 10.89.0.0 255.255.240.0 10.89.16.2
  2. router2(config)#ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 10.89.16.1
  3. router2(config)#ip route 10.89.3.0 255.255.0.0 10.89.16.2
  4. router1(config)#ip route 10.89.0.0 255.255.240.0 10.89.16.1
問題2の解答と解説を表示

問題3

OSPFを実行するためにルータを正しく構成し、ネットワーク192.168.16.0/24をOSPFエリア0に追加するためには、どのコマンドが適切ですか。(2つ選択)

  1. Router(config)# router ospf 0
  2. Router(config)# router ospf 1
  3. Router(config)# router ospf area 0
  4. Router(config-router)# network 192.168.16.0 0.0.0.255 0
  5. Router(config-router)# network 192.168.16.0 0.0.0.255 area 0
  6. Router(config-router)# network 192.168.16.0 255.255.255.0 area 0
問題3の解答と解説を表示

問題4

VLAN 20を許可するトランクを作成するには、どのコマンドを入力する必要がありますか。(3つ選択)

  1. Switch(config-if)# switchport mode dynamic auto
  2. Switch(config-if)# switchport mode trunk
  3. Switch(config-if)# switchport trunk allowed vlan 20
  4. Switch(config-if)# switchport mode dynamic desirable
  5. Switch(config-if)# switchport trunk encapsulation dot1q
  6. Switch(config-if)# switchport trunk native vlan 20
問題4の解答と解説を表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP