【Unity】Unity2018.1を日本語化する方法


Unityエディターの日本語化手順(Unity2018.1以降)


・下記のリンクから、「ja.po」ファイルをダウンロード

http://editor-localization.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com/2018.1/ja.po

・ダウンロードした.poファイルをUnityがインストールされているフォルダに配置
※なお、Localizationフォルダは自分で作成する必要あり

Unityを単体でインストールした場合
【Win】C:\Program Files\Unity\Editor\Data\Localization
【MAC】/Applications/Unity/Unity.app/Contents/Localization

Unity Hubを使ってインストールした場合
【Win】C:\Program Files\Unity\Hub\Editor\2018.1.0f2\Editor\Data\Localization
【MAC】/Applications/Unity/Hub/Editor/2018.1.0f2/Unity.app/Contents/Localization

・Unityを起動して、Preferenceを開く

【Win】Edit → Preference
【Mac】Unity → Preference

Langage の項目が追加されているので、Editor language を「Japanese」に切り替える

・Unityエディターを再起動する(切り替わらなかったらとりあえず再起動する!

以上で設定完了です。Preferenceからいつでも切り替えられるようになります。
※一部切り替わらない項目がありましたが、再起動するとちゃんと全部切り替わります。
細かいところはそのうち修正されるかと。

ちなみにこちら↓が日本語化に関するフィードバックです。
Unityエディター日本語化フィードバック

所感
設定が細かい項目では助かるかも。
しかし英語で馴れてしまっているので日本語の項目名で会話されると、どれのこと言ってるのかわからなくなるかも…という不安も…。

今月の新着記事

【超簡単】UnityのSpriteで好きな画像を表示する方法
【コピペでいける】Unityでシーンを切り替える方法
【コピペでいける】UnityでクリックされたGameObjectを取得する方法
【スクリプトからも出来る】UnityでGameObjectの色を変更する方法

記事一覧にもどる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP