Infra Engineer

【CCNP解説_OSPF編 17】LSAのタイプ②
2021.11.30
Lv2

【CCNP解説_OSPF編 17】LSAのタイプ②

LSAのタイプ②


前回はLSAのType1からType3までについて説明しました。
今回は残りのType4、Type5、Type7について見ていきましょう。


LSAの各タイプの特徴

OSPFで使用される6種類のLSAについておさらいしておきましょう。

 • ルータLSA(LSA Type1)
 • ネットワークLSA(LSA Type2)
 • サマリーLSA(LSA Type3)
 • ASBR サマリーLSA(LSA Type4)
 • AS 外部LSA(LSA Type5)
 • NSSA外部LSA(LSA Type7)

今回はLSAのType4~7までの役割と特徴を見ていきます。


ASBRサマリーLSA(LSA Type4)

ASBRサマリーLSA(LSA Type4)ABRとなっているルータが生成し、他のエリアにASBRの情報を伝える際に使用されるLSAです。
このLSA 内にはASBRのルータIDやコストなどの情報が含まれています。
 
以下の図の場合、エリア0に存在するASBRの情報をRouter4に伝えるためにABRによって使用されます。

LSA Type1には自身がASBR かどうかを示す情報が含まれているため、それを受け取ったABRが
LSA Type4を使用して他のエリアへと通知します。
エリア0のルータは、同一エリア内にASBRが存在しているためLSA Type1でASBRの情報がわかるので、LSA Type4 は必要ありません。
また、ASBR が存在していなければ、LSA Type4は生成されることはありません。


AS外部LSA(LSA Type5)

AS外部LSA(LSA Type5)ASBRとなっているルータが生成し、OSPFドメイン外の経路情報をOSPFドメイン内に
伝える
際に使用されるLSAです。
このLSA内には外部ネットワークのネットワークアドレス、サブネットマスクの情報、メトリックなどが含まれます。

OSPFドメインというのは、同一の運用方法で動作させているOSPFルータで構成されているネットワークです。
OSPFドメイン外の経路情報とは、OSPF以外のルーティングプロトコルやスタティックルートなどで登録された
ネットワークの情報を指します。
このように、あるルーティングプロトコルで得たルート情報を別のルーティングプロトコルに変換して流すことを再配送といいます。
LSA Type5は一部のエリアを除いてOSPFネットワーク内の全エリアへ送信されます。

以下の図の場合、ASBRに再配送の設定をすることで他のプロトコルの経路情報をOSPFドメイン内に取り込むことができ、
LSA Type5でOSPF内へ通知されます。LSA Type1やType2とは異なり、ABRを越えて他のエリアへも送信されます。


NSSA外部LSA(LSA Type7)

NSSA外部LSA(LSA Type7)は、NSSAというエリア内に存在しているASBRとなっているルータが生成し、
OSPFドメイン外の経路情報をOSPFドメイン内に伝える
際に使用されるLSAです。

このLSA はNSSAとトータリーNSSAというエリアでのみ存在することができるLSAです。NSSAではLSA Type5が存在できないため、
その代わりにLSA Type7 が使用されます。以下の図の構成で見てみましょう。

バックボーンエリアはNSSAに設定できないため、先ほどまでの説明に使用していた図を少し変え、エリア1側に
他のルーティングプロトコルとの境界がある構成としています。ASBRに再配送の設定を行うことで、他のプロトコルの
経路情報をOSPFドメイン内に取り込むことができ、NSSA内にLSA Type7で通知されます。

LSA Type7 内に含まれる内容はLSA Type5 と似た情報で、外部ネットワークのネットワークアドレス、
サブネットマスクの情報、メトリックなど
が含まれます。LSA Type7はNSSA内でのみ使用されるLSAのため、
NSSA外のエリアへはABRによってLSAType5に変換され送信
されます。

なお、NSSAに属するASBRでも経路集約を行うことが可能です。


今回のまとめ

今回は残りのType4からType7までの役割と特徴を確認しました。

LSA Type4はASBRの情報を通知するためだけに使用されるため、ルーティングテーブルなどには直接反映されるものではありません。
LSA Type5やType7は外部ルートを再配送によってOSPF内に取り込んだ際に、そのルート情報を通知するために使用されます。
これらのLSAの情報はルーティングテーブルにも反映されるため、非常に重要な役割を果たします。
どういった時に送信されるのかをしっかりと覚えておきましょう。


 ■今回のポイント

 ・LSA Type4はASBRの情報を通知する際に使用されるLSA
 ・LSA Type5は再配送された外部ルートをOSPF内に通知する際に使用されるLSA
 ・LSA Type7もLSA Type5と同様に再配送された外部ルートをOSPF内に通知する際に使用されるが、
  LSA Type7はNSSAとトータリーNSSAというエリアの中でしかやり取りされないLSA


【お知らせ】

ブログの筆者が執筆したCCNA・CCNP試験対策参考書が発売されています。
当ブログでは説明しきれない細かい内容やコマンド設定などさらに充実した内容となっていますので、
この機会にぜひ書籍版も手に取ってみてください!

CCNP Enterprise 完全合格テキスト&問題集 [対応試験]コンセントレーション試験 ENARSI(300-410)

Amazon
楽天ブックス
翔泳社

CCNA 完全合格テキスト&問題集[対応試験]200-301

Amazon
楽天ブックス
翔泳社


CCNP解説 連載目次リンク

CCNP解説 連載目次