JavaScript2020 Optional Chaining


JavaScript2020 Optional Chaining

概要

JavaScript 2020で、Optional Chainingが実装されました。
これにより、nullやundefinedの可能性があるオブジェクトのプロパティやメソッドを、
『undefined/null参照エラー』を起こすことなく参照できるようになりました。
具体的な演算子の形は以下の通りです。

オブジェクト?.プロパティやメソッド

nullやundefinedのオブジェクトのプロパティやメソッドを参照した場合、
undefinedが返されます。

実例

コード

<script>
const x = undefined;

console.log(x?.length)
</script>

結果

JavaScript 2019以前

JavaScript 2019以前では、
同じ結果にするために、

以下のような長い条件判定式を書かなければいけませんでした。

コード

<script>
const x = undefined;

console.log(x === null || typeof x === "undefined" ? undefined : x.length);
</script>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP