【CCNP試験対策】練習問題で学ぶCCNP【ルートマップ編】Part 2


【CCNP試験対策】練習問題で学ぶCCNP【ルートマップ編】Part 2

CCNPの試験で出題されるような問題を見ながら、CCNAに比べて深くなった部分や、CCNAでは触れていなかった部分を解説していきます!
今回もルートマップについて書いていこうと思います。ルートマップはシミュレーション問題でも出題されていて、CCNP試験の中でも頻出の分野です。特に今回出題するPBRは設定コマンドまでしっかりと押さえておきましょう。
CCNAに合格して、次の資格としてCCNPを学習中の方や、またはこれからCCNPの学習を始めようとしている方の助けになれば幸いです。

問題1

再配送を行う際に、ルートマップを使用することでどのようなメリットがありますか。

  1. 設定を簡潔にすることが出来る
  2. フィルタリングやメトリックの設定を一度に行うことが出来る
  3. メトリックを指定することなく再配送を行うことが出来る
  4. スタティックルーティングの経路を再配送することが出来る
問題1の解答と解説を表示

問題2

ルートマップを使用して、通信が転送される経路を制御する仕組み(PBR)について正しい記述は以下のうちどれですか。

  1. ルーティングテーブルが作成されていない場合のみにルートマップを使用することが出来る
  2. ルーティングテーブルには経路を登録しておく必要がある
  3. 拡張アクセスリストを使用することで、プロトコルによって転送先を変更することが出来る
  4. ルートマップでは、通信のフィルタリングのみを行うことが可能である
問題2の解答と解説を表示

問題3


上図のようにルータが構成されています。PBRを使用して、「172.16.1.0/24」のネットワークに通信を送る際に、HTTP通信はRouter3を、それ以外の通信はRouter4を経由して転送するようにしたい。
次の設定コマンドの①、②に入るものとして正しいコマンドは次のうちどれですか。(2つ選択)

(config)#access-list 100 permit tcp 0.0.0.0 255.255.255.255 172.16.1.0 0.0.0.255 eq 80
(config)#route-map test permit 10
(config-route-map)#match ip address 100
         ①
(config-route-map)#exit
         ②
(config-route-map)#set ip next-hop 192.168.20.1
(config-route-map)#exit
(config)#interface fa0/0
(config-if)#ip policy route-map test

  1. (config-route-map)#set ip next-hop 192.168.10.1
  2. (config-route-map)#set ip default next-hop 192.168.10.1
  3. (config-route-map)#set next-hop 192.168.10.1
  4. (config)#route-map test permit 20
  5. (config)#route-map test deny 20
  6. (config)#route-map test deny 10
問題3の解答と解説を表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP