【CCNP試験対策】練習問題で学ぶCCNP【ルートマップ編】Part 1


【CCNP試験対策】練習問題で学ぶCCNP【ルートマップ編】Part 1

CCNPの試験で出題されるような問題を見ながら、CCNAに比べて深くなった部分や、CCNAでは触れていなかった部分を解説していきます!
今回はルートマップについて書いていこうと思います。ルートマップはシミュレーション問題でも出題されていて、CCNP試験の中でも頻出の分野です。
CCNAに合格して、次の資格としてCCNPを学習中の方や、またはこれからCCNPの学習を始めようとしている方の助けになれば幸いです。

問題1

ルートフィルタリングや再配送などでルートマップを使用することのメリットは次のうちどれですか。

  1. ACLよりも高速な検索を行うことが出来る
  2. 条件に合うものに対して処理を行うことが出来る
  3. ACLよりも設定が簡潔である
  4. ルータのメモリ消費を抑えることが出来る
問題1の解答と解説を表示

問題2

ルートマップの設定を行う際に次のように入力されています。
(config-route-map)#match ip address 10 20
次の選択肢のうち、どの条件に合う通信が上記のルートマップの対象になりますか。

  1. ACL10またはACL20で許可されている(permit指定の)通信
  2. ACL10とACL20の両方で許可されている(permit指定の)通信
  3. ACL10またはACL20で拒否されている(deny指定の)通信
  4. ACL10とACL20の両方で拒否されている(deny指定の)通信
問題2の解答と解説を表示

問題3

次のようにACLとルートマップ「test」が設定されています。
[ACLの設定]
(config)#access-list 10 permit 192.168.1.0 0.0.0.255
(config)#access-list 10 deny 192.168.2.0 0.0.0.255
(config)#access-list 10 deny 192.168.3.0 0.0.0.255
(config)#access-list 10 permit any

[ルートマップの設定]
(config)#route-map test deny 10
(config-route-map)#match ip address 10
(config-route-map)#exit
(config)#route-map test 20
(config-route-map)#exit

このルートマップ「test」をルートフィルタリングに使用した際に、フィルタリングされてアップデートされないネットワークは次のうちどれですか。(2つ選択)

  1. 192.168.1.0/24のネットワーク
  2. 192.168.2.0/24のネットワーク
  3. 192.168.3.0/24のネットワーク
  4. 上記以外の全てのネットワーク
問題3の解答と解説を表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP