【CCNA試験対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【ルーティングプロトコル編】Part 5


【CCNA試験対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【ルーティングプロトコル編】Part 5

CCNAの取得を目指している方へ向けて、試験範囲の対策問題を作成してみました。
前回に引き続きルーティングプロトコルに関する内容に絞った問題を出題していこうと思います。
ダイナミックルーティングには様々なルーティングプロトコルがあり、CCNAでは代表的な「RIP」と「OSPF」、そしてCisco独自のルーティングプロトコルである「EIGRP」について出題されます。しっかりと理解しておきましょう!

問題1

EIGRPを動作させたルータ同士で、ネイバー関係を確立するために揃える必要がある項目はどれですか。次の中から2つ選択してください。

  1. サブネットマスク
  2. AS番号
  3. HelloインターバルとDeadインターバル
  4. プロセスID
  5. ルータID
  6. K値

問題1の解答と解説を表示

問題2

次の中で、EIGRPのみが持つ特徴として正しいものはどれですか。2つ選択してください。

  1. クラスフルルーティングプロトコルである。
  2. ルータの識別のためにルータIDを使用する。
  3. 等コストロードバランシングを実装している。
  4. 不等コストロードバランシングを実装している。
  5. Helloパケットを利用してネイバーを探索する。
  6. 障害発生時に再計算を行わずに経路の切り替えを行うことが出来る。

問題2の解答と解説を表示

問題3

EIGRPで学習した全ての経路や、フィージブルサクセサを表示するコマンドはどれですか。

  1. #show ip eigrp neighbors
  2. #show ip eigrp topology
  3. #show ip eigrp route
  4. #show ip protocols
  5. #show ip route
問題3の解答と解説を表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP