2020年シスコ技術者認定の改定について part3


シスコ技術者認定の改定について

2019年6月11日に開催されていたCiscoLiveにて、2020年2月24日から
シスコ技術者認定の内容が大幅に改定されることが発表されました。
一体どのような試験に変わるのか、現在資格を持っている人やこれから目指す人はどうすればよいのか?
3回に渡って現時点で公式から発表されている内容を確認していきたいと思います。
※2019年8月時点

part1はこちら→2020年シスコ技術者認定の改定について part1

part2はこちら→2020年シスコ技術者認定の改定について part2

前回、前々回と新しくなるシスコ技術者認定の概要とその試験範囲について
ざっくりと確認してきました。
3回目の今回は、新しい制度では従来の資格はどうなるのか?
現在勉強中のものはどうすればよいのか?などについて見ていきたいと思います。

1.現行の資格について

・CCENT
CCENTは廃止されます。なので、CCENTのみ取得されている方は改定前にICND2をパスして
CCNAの認定を受けることをおすすめします。

・CCNA
改定前の時点でCCNAを取得している場合(どの分野でも)、新しいCCNA認定に移行します。
有効期限については、移行からではなく現在の資格認定日から3年間となっています。

・CCNP
取得済みの場合は、取得しているCCNPに対応した新しいCCNPに移行します。
CCNP R&Sの場合はCCNP Enterpriseに移行します。

また、CCNP R&Sを学習中の場合は、改定後に新試験を受けて合格する事もできますが、
従来の試験と新試験とのミックスで取得することもできます。
ex.CCNP RouteとSwitchに合格済み→新試験のConcentration試験を1つ合格する必要がある
(コア試験は受験する必要なし)

従来の試験と新試験との詳しい対応は公式のツールで確認できます。

→ CCNP Routing & Switching Migration Tool

・CCIE
CCNP同様、現在の資格に対応した新しいCCIEに移行します。

2.改定前に受験するべきか?

現在CCNAやCCNPを学習中の場合、出来れば改定前の取得を目指したほうがよいと思われます。
新試験の詳細な試験範囲や出題傾向、難易度などが未知数なため、

・CCNA取得を目指して勉強中
・CCENTは持っているがICND2はまだ合格していない
・CCNPのRouteのみ合格、残りの試験に向けて勉強中

など、勉強中なのであれば2月の改定までに合格してしまうほうが得策です。
特に、CCNPに関しては新試験との組み合わせも使えますので、
RouteとSwitchだけ合格して残りは新試験で、といった方法も取れます。

 

さて、3回にわたってシスコ技術者認定の改定について確認してきました。
試験の統廃合や認定の廃止や変更など、これまでのシスコ技術者認定の体制から大きく変わります。
ですので、私達技術者側もそれに合わせて対応していく必要があります。
改定まで残り5ヶ月強、出来る限りの資格取得を目指して頑張りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP