V言語 関数


V言語 関数

概要

V言語でも手続きをひとまとめにした関数がある。
今回はこの関数のフォーマット、注意点、実例を紹介する。
最後に、実行結果をお見せする。

フォーマット

C#やJavaJavaなどといった、

先行するC言語族の言語と、

基本フォーマットに違いはない。

fn 関数名(引数1 引数1の型, 引数2 引数2の型) 戻り値の型{
    処理
    return 戻り値
}

注意点

  1. 引数や戻り値がある時、それらの型を必ず書く。
  2. 引数と引数の型の間は半角スペース1つを入れる(PythonやTypeScriptの:のような区切り文字を入れない)
  3. 引数同士の間には,を挟む
  4. 引数リストと戻り値の型の間は半角スペース1つを入れる(Pythonの->やTypeScriptの:のような区切り文字を入れない)
  5. 戻り値の型を書かない場合は戻り値がない関数になる

コード例

実際に実行されるプログラムを記述するのは、
fn main()という特別な関数である。

fn concatenate_strings(strings [] string) string{
    mut concatenated_string := ''
    for each_string in strings{
        concatenated_string += each_string
    }
    return concatenated_string
}

fn main(){
    strings_to_be_concatenated := ['V', 'l', 'a', 'n', 'g']

    println(strings_to_be_concatenated)
    println(concatenate_strings(strings_to_be_concatenated))
}

実行結果

参照

  1. V言語公式リポジトリ
  2. V言語公式ドキュメント
  3. V言語変更履歴
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP