V言語紹介-変数と定数


変数と定数

前回の記事に引き続き、V言語(通称vlang)の紹介をしていく。
今回は、変数と定数についてである。
対象は、V言語の初心者・初学者で、プログラミング自体の知識はある方である。

(7月19日追記: 実行結果の動画が、変数の例と定数の例で、反対になっていました。

謝罪して、訂正いたします。)

概要

  1. V言語の名前付きデータの基本は定数。定数は再代入不可。
  2. 変数はmutをつける。変数は再代入可能。
  3. 定数を再代入するとコンパイルエラーになる。

変数の例

変数の定義はmut 変数名 := 値、再代入は変数名 = 値である。

コード

fn main(){
    mut mutable_num := 1
        mutable_num  = 3
    println(mutable_num)
}

実行結果

以下は、上記コードの実行記録である。
最後に再代入された3が、画面に出力されている。
(ApowerRECで録画)

定数の例

定数の定義は、定数名 := 値である。

コード

fn main() {
        immutable_num := 1
        immutable_num  = 3
        println(immutable_num)
}

実行結果

以下は上記コードの実行例である。三行目の再代入のところでコンパイルエラーになっていることがわかる。
(ApowerRECで録画)

 

参照

  1. V言語公式リポジトリ
  2. V言語公式ドキュメント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP