V言語ことはじめ


V言語ことはじめ

この記事では、2019年に登場したV言語の紹介を行う。

対象読者

以下の知識を前提として持っている方を対象とする。

  1. 他の言語でプログラミング自体は経験済み
  2. Visual Studio Codeを使用可能
  3. シェルスクリプトを記述、実行可能

概要

コンパイル型の静的型付け言語である。
文法はC言語の流れをくんでおり、ブラケットで
コードの内部構造を区切る。

以下のような
現在流行の特徴を取り込んでいる。

  1. 変数が基本再代入不可
  1. 値から型推論を行う

環境構築

WSLのためのUbuntu入手

MicrosoftストアからUbuntuをインストールする

GCCのインストール

C言語のコンパイラーが環境構築に必要なので、GCCをインストールする。

sudo apt-get update
sudo apt install gcc

専用ディレクトリの作成

今回は、techpjin_writerというユーザーを作成した上で、以下のフォルダを準備する

/home/techpjin_writer/v_language/

入力するコマンドは以下の通りである。

mkdir /home/techpjin_writer/v_language/

GitHubからのクローン

Ubuntuを起動したうえで、以下のコマンドを順番に打ち込む

# V言語用のディレクトリに移動
cd /home/techpjin_writer/v_language/

# コード格納ディレクトリを構築
mkdir ./code

# コード格納ディレクトリに移動
cd ./code

# githubからクローンする
git clone https://github.com/vlang/v

# コンパイルと実行のためのディレクトリに移動する
cd ./v/compiler

# 実行環境作成
make

コマンドの入力結果の録画(ApowerRECで録画)は下の通りである。

サンプルプログラム用フォルダの作成

以下のコマンドを入力する。

mkdir /home/techpjin_writer/v_language/code/v/compiler/sample_scripts

Visual Studio Codeを使った編集設定

シェルの選択

WSLのbashを選択する過程の動画(ApowerRECで録画)。

結果として以下のようになる。

Windows側の編集フォルダの設定

以下の編集フォルダを作成する。

C:\V_tutorials\sample_scripts

PowerShell Coreで以下のコマンドを入力する。

New-Item -Directory -Path C:\V_tutorials\sample_scripts

 

プログラム移動シェルスクリプトの作成

#!bin/bash
# NOTE: プログラムは書き言葉なので、略した変数定義に代わり、declare文を文体上使用する
declare windows_folder="/mnt/c/V_Tutorials/sample_scripts"
declare wsl_folder="/home/techpjin_writer/v_language/code/v/compiler/sample_scripts"

# CAUTION: ワイルドカードの正常作動のためには""で囲まない
# NOTE:    編集はWindows側のみで行うので、WSL側のファイルは強制上書きされるべき
cp "${windows_folder}/"*.v "${wsl_folder}/" -f

プログラム移動シェルスクリプトの配置

以下のディレクトリに、copy_sample_scripts_to_wsl.shという名前でスクリプトを保存する。

Windows側でのディレクトリ

C:\V_Tutorials\

WSL上でのWindows側ディレクトリの表示

/mnt/c/V_tutorials/

プログラム作成

以下のプログラムをサンプルとして作成しましょう。
変数xを表示したあと、
xが0より大きければ、xの中の数字は0より大きいと表示します。

// NOTE: fn main()がプログラム実行時に最初に実行される
fn main() {
    // NOTE: 変数定義は:=
    x := 100
    println(x)
    // NOTE: 条件節に()はつけない
    // NOTE: 実行節の{}は必須
    if x > 0 {
        // CAUTION: 記事執筆時点ではシングルクオートしか使えない
        // NOTE:    変数展開では$をつける
        println('$x is greater than 0')
    }
}

プログラム配置

以下のディレクトリにSandbox.vという名前で上記プログラムを配置する。

C:\V_Tutorials\sample_scripts

プログラムのWSLへの移動

Visual Studio CodeのターミナルもしくはUbuntuのターミナルで以下のコマンドを入力する。
結果、移動用のスクリプトが実行され、Sandbox.vがWSL側に移動する。

cd /mnt/c/V_Tutorials
bash ./copy_sample_scripts_to_wsl.sh

V言語の実行

実行

Ubuntuのターミナル上で以下のコマンドを入力する。

cd /home/techpjin_writer/v_language/code/v/compiler
./v run ./sample_scripts/Sandbox.v

実行結果

以下の動画は、上記プログラムを実行した結果(ApowerRECで録画)になります。

 

参照

  1. GitHubの公式ページ
  2. 公式ドキュメント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP