【セキュリティパッチ】Unity Security 速報 2019.03.05.【配信】


Unity Security速報 2019.03.05.

Unity Security速報 2019.03.05.

(2019年3月5日 17:15更新 パッチ適用手順に Unity 2018.3系以外のUnityをお使いの場合 を追記)
(2019年3月5日 13:45更新 パッチ適用手順 追加)

みなさんこんにちは。Unity Security 速報の時間です。いつものUnityの記事の執筆者と違う人が書いているのは内緒。

本日(日本時間 2019年3月5日)、Unityのセキュリティパッチが公開されたというお知らせが届きました。
(CVE-ID:CVE-2019-9197)

簡単にまとめると、以下のような感じになっています。
※正確な情報はUnityの公式ページの情報をご確認ください。なお、リンク先は英語のページになっています。

 

内容: Remote Code Execution 

対象: Windows環境で動作しているUnity(全バージョン対象) 

Severity: High 

 

すでにパッチも公開されているとのことです。Unityを利用されている方は確認の上、必要であればパッチを当ててください。

 

セキュリティパッチの適用方法

セキュリティパッチの適用手順は、通常のアップデート時と同じです。筆者も挑戦してみました。

なお、筆者が試した環境ではUnity Hubは利用していません。 古いバージョンのUnityはアンインストールされます 。旧バージョンのUnityもインストールしておきたい場合はUnity Hubなどを利用してください。
最新版以外のUnityでもパッチを当てることが可能です。詳しくは下記「Unity 2018.3系以外のUnityをお使いの場合」をご覧ください。

手順は以下の通りです。

  1. バージョンの確認
  2. ダウンロード
  3. インストール
  4. 更新後のバージョンの確認

それぞれの詳細は下記をご覧ください。

 

バージョンの確認方法

自分が現在使用しているUnityのバージョンを確認します。

詳細はこちらをクリック

ダウンロード方法

最新版(執筆時点ではUnity 2018.3系)と、それ以外の場合でダウンロード手順が少々異なります。

Unity 2018.3系をお使いの場合

Unity 2018.3系以外のUnityをお使いの場合

インストール方法

インストールを行います。

詳細はこちらをクリック

更新後のバージョンの確認方法

更新が終わったら、Unityのバージョン確認をします。

詳細はこちらをクリック

 

以上の手順で更新が適用完了しました。

 

なお、筆者の主観ですが、前回のセキュリティパッチ配信時と同様

Type:Remote Code Execution

となっているので、可能な限り早めにパッチを充てるべきです。

以上、いつもと違う人がお送りするUnityの情報でした。

 

 

筆者のおすすめ記事

Unityのタグが付いたページはこちら
Unityにも使われているC#の練習問題はこちら
ハッシュ値に関する記事はこちら → 解説編  実践編(Windows) 実践編(MAC/Linux)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP