【CCNA試験対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【シミュレーション問題Ⅱ】Part 4


【CCNA試験対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【シミュレーション問題Ⅱ】Part 4

CCNAの取得を目指している方へ向けて、試験範囲の対策問題を作成してみました。
今回はVLANに関するシミュレーション問題を作成しました!
ルータの設定とスイッチの設定の両方を見て判断しなければいけないので大変ですが、解いてみてください!
↓前回のシミュレーション問題編の問題はコチラ!
【CCNA試験対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【シミュレーション問題】Part 1
【CCNA試験対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【シミュレーション問題】Part 2
【CCNA試験対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【シミュレーション問題】Part 3
【CCNA試験対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【シミュレーション問題】Part 4

下図のようにネットワークが構成されています。
それぞれの設定を確認して次の問題に答えてください。


Router1 show running-configの結果
Switch1 show vlanの結果
Switch1 show running-configの結果
Switch2のshow vlanの結果
Switch2のshow running-configの結果
Switch3のshow vlanの結果
Switch3のshow running-configの結果

問題1

スイッチ1~3とRouter1に設定を追加して、LAN内の全てのPC同士が通信を行うことが出来る状態にします。現在のそれぞれの機器の状態を確認して、追加で必要なコマンドはどれですか。3つ選択してください。

  1. Router(config)#interface FastEthernet 0/1
    Router(config-if)#no shutdown
  2. Router(config)#vlan 10,20,30
  3. Switch1(config)#interface FastEthernet 0/1
    Switch1(config-if)#ip address 192.168.10.253 255.255.255.0
  4. Switch1(config)#interface FastEthernet 0/3
    Switch1(config-ig)#switchport mode trunk
  5. Switch2(config)#vlan routing
  6. Switch3(config)#interface FastEthernet 0/1
    Switch3(config-if)#switchport access vlan 10
  7. Switch3(config)#interface FastEthernet0/4
    Switch3(config-if)#switchport mode access
問題1の解答と解説を表示

問題2

ルータにNAPTの設定を行い、LAN内の全てのPCはWANと通信する際に、送信元IPアドレスをルータのWAN側のインターフェースのアドレスに変換するように設定を行います。現在のそれぞれの機器の状態を確認して、追加で必要なコマンドはどれですか。2つ選択してください。

  1. Router1(config)#ip nat napt enable
  2. Router1(config)#ip nat inside source vlan 10,20,30 interface FastEthernet0/0 overload
  3. Router1(config)#ip nat inside source list 1 interface FastEthernet0/0 overload
  4. Router1(config)#interface FastEthernet 0/0.30
    Router1(config-subif)#ip nat inside
  5. Router1(config)#interface FastEthernet 0/0.30
    Router1(config-subif)#ip nat outside
問題2の解答と解説を表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP