【CCNA試験対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【読み取り編】Part 1


【CCNA試験対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【読み取り編】Part 1

CCNAの取得を目指している方へ向けて、試験範囲の対策問題を作成してみました。
今回は、トポロジー図の構成やアドレスから情報を読み取る問題を出題していきます。
どんな状態になっているかをしっかりと把握して解きましょう!

問題1

下の図のような構成のネットワークが存在します。ホストAにデフォルトゲートウェイを割り当てるとき、どのアドレスを使用しますか。

  1. A. 192.168.1.1
  2. 192.168.1.65
  3. 192.168.1.66
  4. 192.168.1.129
  5. 10.1.1.1
  6. 10.1.1.2
問題1の解答と解説を表示

問題2

スイッチとPCが下の図のように接続されています。スイッチは表示されたMACアドレステーブルを持っており、下のようなフレームを受信しました。このフレームを受信したときにスイッチは次のどの操作を実行しますか? 2つ選択してください。

  1. A. MACアドレス0000.00aa.aaaaをMACアドレステーブルに追加する。
  2. MACアドレス0000.00dd.ddddをMACアドレステーブルに追加する。
  3. フレームはfa0/3ポートのみに送信される。
  4. フレームはfa0/1、fa0/2、fa0/3に送信される。
  5. フレームは全てのアクティブなポートから送信される。
問題2の解答と解説を表示

問題3

下の図のような構成で、ホストAはホストBと通信できますが、ホストCまたはDでは通信できません。ネットワーク管理者はどのようにこの問題を解決できますか?

  1. A. ホストCとDを192.168.2.0ネットワーク内のIPアドレスで設定します。
  2. ルータを導入し、VLAN 2と3の間をルーティングするルートを設定します。
  3. 2番目のスイッチを導入し、ホストAとBを元のスイッチのままにして、そのスイッチにホストCとDを配置します。
  4. スイッチ上でVLANトランキングプロトコルを有効にする。
問題3の解答と解説を表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP