【CCNA試験対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【新傾向問題編】Part 2


【CCNA試験対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【新傾向問題編】Part 2

CCNAの勉強をしている方へ向けて、試験範囲の対策問題を作成してみました。
今回もICND2の新傾向問題に関する問題を紹介していこうと思います。ICND2の試験を受ける方の助けになれば幸いです。

問題1

ローカルSPANを設定したときの効果として正しいものを以下の中から3つ選択してください。

  1. フォワーディングエンジンの負荷が2倍になる
  2. SPANの宛先がポートセキュリティを使用できないようにする。
  3. 内部スイッチのトラフィックが倍増する。
  4. スイッチファブリックの負荷を軽減する。
  5. スーパバイザエンジンを削減する。
問題1の解答と解説を表示

問題2

R1の後ろにあるPCへの接続問題のトラブルシューティング中に、show access-listsコマンドを入力したところ以下の結果が得られました。

R1# show access-lists
Extended IP access list 175
10 deny tcp any any time-range nonworkhours (active)
20 permit tcp any any time-range workhours (inactive)

問題の原因として最も考えられうるものを以下の中から1つ選択して下さい。

  1. R1のpermit all ACLエントリが非アクティブのため。
  2. R1のdeny all ACLエントリがアクティブのため。
  3. 暗黙のdenyによりR1がネットワークトラフィックをブロックしているため。
  4. R1のACLの設定に誤りがあるため。
問題2の解答と解説を表示

問題3

BGPのルーティングプロセスにおいて、ピア関係を確立するまでに遷移する状態を以下の中から3つ選択してください。

  1. open receive
  2. inactive
  3. active
  4. connected
  5. open sent
  6. idle
問題3の解答と解説を表示

問題4

HSRPv1とHSRPv2の違いについて正しく述べられているものを以下の中から2つ選択してください。

  1. HSRPv2のみが認証の設定をすることができる。
  2. HSRPv2のみがhelloパケットを224.0.0.2宛てに送信する。
  3. HSRPv1のみがhelloパケットをFF02::66に送信する。
  4. HSRPv1のみがグループ番号4095まで設定することができる。
  5. HSRPv2のみがグループ番号4095まで設定することができる。
  6. HSRPv2のみがhelloパケット224.0.0.102宛てに送信する。
問題3の解答と解説を表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP