【CCNA対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【スイッチ編】Part 3


【CCNA対策問題】ネットワークの基礎から学んでいこう!【スイッチ編】Part 3

CCNAの勉強をしている方へ向けて、試験範囲の対策問題を作成してみました。
今回もスイッチの設定に関する問題を出題していきます。
今回はポートセキュリティに関する問題をメインにしています!

問題1

ある企業ではロビーにネットワークPCを配置し、ゲストは社内ディレクトリにアクセスできます。セキュリティ上の懸念は、誰かがディレクトリPCを切断し、個人のコンピュータを再接続し、企業ネットワークにアクセスできることです。ロビーにサービスするポートに、これを防ぐためにスイッチでどの設定手順を実行する必要がありますか。(3つ選択)

  1. ポートセキュリティを有効にする。
  2. ポートをトランクポートとして作成する。
  3. ポートをアクセスポートとして作成する。
  4. ポートをプロテクトポートとして作成する。
  5. ポートセキュリティエージングタイムを0に設定する。
  6. MACアドレスをアドレステーブルに静的に割り当てる。
  7. 設定された非アクティブ時間後に新しいMACアドレスを検出するようにスイッチを設定する。
問題1の解答と解説を表示

問題2

管理者はデバイスをスイッチに接続しており、セキュリティ上の理由から、実行コンフィギュレーションに追加されたアドレステーブルから動的に学習されたMACアドレスが必要です。これを達成するために何をしなければならないのですか?

  1. ポートセキュリティを有効にし、sticky learningを有効にする。
  2. スイッチポートモードをtrunkに設定し、実行コンフィギュレーションを保存する。
  3. MACアドレスを設定に追加するには、switchport protectedコマンドを使用する。
  4. MACアドレスを設定に追加できるようにするには、no switchport port-securityコマンドを使用しする。
問題2の解答と解説を表示

問題3

スイッチポートで、下記のコマンドはどの目的で使用されますか。
Switch(config-if)# switchport port-security maximum 1
Switch(config-if)# switchport port-security mac-address 0018.DE8B.4BF8

  1. これにより、MACアドレス0018.DE8B.4BF8を持つデバイスだけが、設定されているポートに接続できるようになる。
  2. スイッチは、MACアドレス0018.DE8B.4BF8宛てのトラフィックは、設定されているポートにのみ送信されるべきであることを通知する。
  3. アクセスリストのように動作し、ポートは0018.DE8B.4BF8の送信元MACまたは宛先MACを持つパケットをフィルタリングする。
  4. スイッチは、送信元MACアドレスが0018.DE8B.4BF8のトラフィックのポートをシャットダウンする。
問題3の解答と解説を表示

問題4

スイッチのポートセキュリティでのデフォルトの違反モードはどれですか。

  1. shutdown
  2. protect
  3. restrict
  4. shutdown vlan
問題4の解答と解説を表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP