【Java】空のファイルを生成する

この記事は2017年8月21日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


空のファイルを生成するサンプルコードを以下に記載します。

Javaを動かすには

JDKのダウンロードと環境変数の設定が必要です。
上記が終わっているものとし、説明していきます。

サンプルコード

以下をメモ帳やエディタにコピペしてください。

import java.io.*;

class Sample{
	
	public static void main(String[] args){
		
		// ファイル名の設定
		String fileName = "test";
		
		// 空のファイルを生成
		createNewFile(fileName);

	}
	
	// 空のファイルを生成
	static void createNewFile(String fileName) {
		
		// ファイルのパスを設定(\はエスケープしなければいけないため\の前に\を記述)
		String filePath = "C:\\sample\\" + fileName + ".txt";
		
		// Fileオブジェクトの生成
		File file = new File(filePath);
		
		try {
			
			// ファイルを生成
			Boolean createNewFile = file.createNewFile();

			if (createNewFile) {
				
				System.out.println("ファイル作成:成功");
				
			} else {
				
				System.out.println("ファイル作成:失敗");
				
			}
			
		} catch (IOException e) {
			
			System.out.println("例外発生");
			System.out.println(e);
			
		}

	}
}

新しいファイルの作成にはcreateNewFile()メソッドを使用します。
名前の通り、ファイルを生成するメソッドでファイルの存在確認はしません。

動かしてみる

サンプルコードではC配下のsample配下にtest.txtを作るように記述しています。
そのため、C配下にsampleフォルダがない場合はフォルダを作ってから実行してください。

動かし方はこちらで紹介しています。


C配下のsample配下にtest.txtのファイルができました!

再度動かしてみる

上記でも書きましたがcreateNewFile()メソッドはファイルの存在確認はしないため作ろうとするファイルが存在している場合はファイルの生成をすることができません。

もちろん、C配下のsample配下にもファイルは生成されていません。

まとめ

・新しいファイルの作成にはcreateNewFile()メソッドを使う。
・createNewFile()メソッドはファイルの存在確認はしない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP