Twitter ツイッターのタイムラインが取得できなくなった・・・!時の対応方法

この記事は2012年10月16日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


Twitter(ツイッター)のタイムラインが取得できなくなった

Twitterのタイムラインを本サイトに表示していたのですが、気づくと取得できなくなっていたので調べてみました。
すると、やはりTwitterの方で仕様変更があったことがわかりました。

本家サイトのドキュメント(英語)を探してみると、今回の事象は、
2012年10月12日に発表された「GET statuses/user_timeline」の変更が影響していたことがわかりました。
(他にも日々仕様変更が起きていますね・・。)

対応方法

本サイトでは、以下の変更対応により、タイムラインを再度表示できるようになりました。
タイムラインのrss(ファイル形式はxml,jsonでも同様です)を取得する際のURLを、以下のように変更しました。
PHPファイル内の記述になります。$usernamesがTwitterユーザ名の変数になります。

変更前:

'http://twitter.com/statuses/user_timeline/' . $usernames . '.rss'

変更後:

'http://api.twitter.com/1/statuses/user_timeline/' . $usernames . '.rss'

補足

本サイトはWordPressで構築しており、テーマにデフォルトで入っている処理でTwitter情報を取得していました。
このテーマが、今回のTwitterの仕様変更に対応していなかったために、本事象が発生したのでした。
WordPressを利用されている場合、今回同様、プラグインの更新が間に合わないこともあると思います。
そのような場合は、Twitterの仕様変更とTwitterへのGETを確認してみるとよいでしょう。

今後もTwitterのAPI利用で不具合が発生したら、随時対応方法をアップしていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP