javaでHelloWorld とっても簡単なjava 【初級編 第4回】

この記事は2012年10月1日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


コンパイル

次にコマンドプロンプトを起動させてください。
(プログラムとファイルの検索から「cmd」と検索すると見つかります。)

これがコマンドプロンプトです。

まず、コマンドプロンプトが参照している場所を変更しましょう。
図のように「cd ¥java」
と入力してください。

これで私が作成したCドライブ直下のjavaフォルダに移動しました。
それでは先ほど保存したjavaファイルをコンパイルしましょう。
コマンドは「javac HelloWorld.java」です。
以下のように何も表示されずに、コマンドを要求する状態になっていればOKです。

それと同時にclassファイルが生成されていることを確認してください。

実行

コンパイルが無事に済んだので、実行しましょう。
実行コマンドは「java HelloWorld」です。

しっかりと画面に表示されましたね。
これがjava開発の第一歩HelloWorldです。

コンパイル??

コンパイルとは入力したプログラムをコンピュータが実行できる形式に変換することです。
この時、プログラムに誤りがないかをチェックしていて、間違いがあるとエラーが表示されます。
先ほどコンパイルを行いましたが、特に何も表示されませんでしたよね?
つまりエラーなしということです。

さて本日はここまでです。
お疲れ様でした。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP