考察:数年後には、ipad vs kindleではなくtft vs 電子ペーパーになるのでは?

この記事は2012年6月21日に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


日本では電子ペーパーの愛用者が少ないので理解されている人が少ないので要点だけ:

メリットは: 発光しない、消費電力が少ない、「要は目が疲れない、長時間使える」

デメリットは:反応速度が遅い、「要は動画とかは不可」

電子ペーパーの仕組みですが、簡単に例えるとオセロ、色の付いた粒子を回転させている。

 

この電磁ペーパー技術ですが、どんどん発展しています、例:

Kindel4になってからタッチパネル対応版が出ました。

一般コンシューマー向けは白黒しか対応していませんが、実は法人向け価格でカラー対応の電子ペーパーもあったりします(広告用パネルとか)

tft vs プラズマの過去例を考えると、デメリットである反応速度も改善されていくのでは無いでしょうか?(tftは反応速度でプラズマに対して不利だったが反応速度が改善されていき、プラズマは敗北)

数年後にはパソコンディスプレイの選択肢に電子ペーパーが加わるかもしれませんね。

By Takahiko Sugiyama

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP