nodist 〜 Node.jsのバージョンを管理する for Windows 〜


JavaScript動作環境であるnode.jsですが、サーバサイドの実行環境にとどまらず
もはやWebフロントエンド開発環境として必須の存在となりました。

今回はWindows環境において異なるバージョンのnode.jsをインストールして管理することを可能にするツール、
nodistについて紹介したいと思います。

Macの方はコチラをどーぞ->nodebrew 〜 Node.jsのバージョンを管理する for Mac 〜

nodistとは

Windows向けの、node.jsバージョン管理ツールです。
バージョンを指定してのインストールや、バージョンの切り替えを簡単に行えるようになります。
Linux,Mac環境で同様の機能を持つnodebrewが、Windows環境では使えないのでコチラを使います。

nodistのインストール

すでにnodistを使わずにnode.jsをインストールしていた場合は混乱を避けるためにもアンインストールしておきましょう。

公式リポジトリから
最新のインストーラをダウンロードします。(執筆時点でv0.8.7のNodistSetup-v0.8.7.exe)
nodist_release_page

ダウンロードが完了したら実行しインストールウィザードの指示に従ってインストールを完了させましょう。
nodist_installer

コマンドプロンプトを開き、確認のために次のコマンドを打ちます。

C:\>nodist -v
0.8.7

バージョンが表示されればOKです。環境変数などの設定も特に入らず楽チンですね。

node.jsのインストール

nodistがインストールできたらいよいよnode.jsのインストールです。

次のコマンドでインストール可能なnode.jsのバージョン一覧を取得します。

C:\>nodist dist //または nodist ds
..
6.9.2
..
7.2.1

その中から要求に応じてバージョンを選択しインスストールします。

C:\>nodist add 6.9.2 //または nodist + 6.9.2

今回は執筆時点でのLTS版であるv6.9.2を指定しました。

処理が完了したら確認を行います。

C:\>nodist  //または nodist list
v6.9.1

インストール済みのバージョンが表示されればOKです。

バージョンの切り替え

最後にバージョンの切り替えを行います。

C:\>nodist 6.9.2
6.9.2

これでv6.9.2のnode.jsを実行できるようになりました。

その他のコマンド

nodistのその他のコマンドについてもいくつか紹介しておきます。

・node.jsのアンインストール

C:\>nodist rm 6.9.2 //またはnodist - 6.9.2

・指定したバージョンのnode.jsのパスを取得する

C:\>nodist bin 6.9.2

・ヘルプの表示

C:\>nodist --help
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP