【SQL入門】データベースの作成と削除


1.データベースの作成

【SQL入門】MySQLの基本操作コマンド」の記事でも述べた通り、MySQLは複数のデータベースの管理が可能で、テーブルはそのいずれかのテータベースに属しています。その為、テーブルを作成するには、それが属するデータベースを用意しておく必要があります。データベースを作成する基本的な構文は下記になります。

CREATE DATABASE データベース名;

エラーは出ていないので作成されたはずですが、「show databases」コマンドでデータベースが実際にきちんとsampleデータベースが作成できていることが確認してみましょう。

sampleデータベースが作成できたことが確認できました。


2.データベースの削除

間違えて作成してしまったり、不要になったデータベースは下記の構文で削除することが可能です。先ほど作ったsampleデータベースを削除してみましょう。

DROP DATABASE データベース名;

「show databases」コマンドで削除できていることを確認してみましょう。

sampleデータベースが削除できたことが確認できました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP