Developer

Laravelの環境構築 開発環境構築の巻 魁!小野の塾
2022.09.22
Lv2

Laravelの環境構築 開発環境構築の巻 魁!小野の塾

Laravelとは


2011年に、Microsoftの.NETの開発に携わっていたTaylor Otwell氏によって開発された、比較的新しいPHPのフレームワークです。
PHPのフレームワークの中では後発ですが、手軽さや扱いやすさによって人気を集め、2022年9月時点では人気の高いフレームワークとなっています。
活発なコミュニティ活動により、アップグレードが続いており、最新版は2022年2月に公開された Laravel v9.0です。
LaravelはPHPフレームワークであるSymfonyを土台に開発されており、大規模開発向けのフレームワークとしても利用が可能です。
色々の機能を追加していることから、少々挙動が遅くなる場合がありますが、プログラム開発が楽しくなるフレームワークとなっています。

パッケージ管理はComporser

フレームワークでは、様々なプログラムをインストールする必要があります。
Laravelでは、Composerを利用し、簡単に利用する機能をインストールすることができます。

Composerとは 開発環境構築の巻 魁!小野の塾
Composerインストール(Windows) 開発環境構築の巻 魁!小野の塾

Eloquent ORM(エロクアント オーアールエム)

Eloquent ORM(Eloquent Object Relational Mapping)は、データベースとモデルにリレーションを持たせて、データを柔軟に扱えるようにしたものです。
データベースのレコードをプログラミング言語のオブジェクトとして利用ができます。
また、データベースのテーブルを作成・変更などを行う仕掛けとして、Migrationが用意されています。

Artisan(アルティザン)

Migration、Controllerの作成やModelの作成などは、Artisanコマンドを利用して作成します。
CakePHPのように、bakeコマンドはありませんが、基本的なものの作成はArtisanコマンドで行います。
※bakeコマンドは、scaffolding(スキャフォールディング:足場をつくる)で、データベースのテーブルを指定するとCRUD(クラッド:登録・更新・削除・一覧)機能を自動生成します。

Blade

LaravelのViewには、Bladeが用いられています。Bladeは、断層化されたテンプレートエンジンで、メインのテンプレートを継承したり、置換したりすることがかなり容易にでき、XSS対応なども簡単に実装することができます。

Laravel インストール


エクスプローラで、「C:\xampp8.1.2\htdocs」に移動し、アドレスバーをクリック後、「cmd」と入力後にEnterキーを押してください。
指定位置で、コマンドプロンプトが開きます。(cdコマンドで移動しても大丈夫です)
魁!小野の塾 開発環境構築の巻 XAMPPインストール

今回のプロジェクト名は、「bbs」とします。以下のコマンドを開いたコマンドプロンプトに入力して、Enterキーを押します。

composer create-project laravel/laravel bbs

htdocsの下に、「bbs」フォルダーが出来上がり、インストールが完了しました。

XAMPPのコントローラを起動し、Apache、MySQLをスタートして、以下のURLを実行します。

http://localhost/bbs/public

以下の画面が出れば、インストールは完了です。

魁!小野の塾 連載目次リンク

魁!小野の塾 目次