【PHP入門】変数と配列③


変数と配列③

前回記事で紹介した、配列のインデックスを、
文字列の名前(キー)に置き換えたものを、
連想配列と呼びます(前回記事: 配列とは)。


連想配列

連想配列とは、配列のインデックスを、
文字列のキーに置き換えたものです。
配列と違って、
各値の意味を、キーとして明示することができます。

定義するときは、array()の()の中、または[]の中に、
キー => 値のペアを、カンマ区切りで書いていきます。
また、1つずつキーと値を追加していく方法もあります。


連想配列の定義例

$dict1 = array("name" => "A", "age" => 33);

$dict2 = ["name" => "A", "age" => 33];

$dict3["name"] = "A";
$dict3["age"] = 33;

配列の要素

通常の配列のインデックスにあたるものがキーなので、連想配列の場合はキーを指定して要素を取得します。

<?php
	$product = [
		"name" => "ペン",
		"price" => 100,
		"color" => "黒", 
	];

	echo $product["name"];
?>

表示結果:ペン
※列挙する際にカンマで終わっていてもOKです


連想配列とfor文

前回記事で、配列はfor文と組み合わせて使用されることを説明しました(参考: for文とは)。
理由はfor文でインクリメントされる変数と、配列のインデックスがうまく紐づくからです。

しかし、連想配列は通常の配列と異なり、インデックスではなくキーで管理されています。
そのため通常のfor文では値をまとめて取得することができません。
代わりに、次のセクションで示すように、foreach文を使います。


連想配列とforeach文

連想配列にはforeach文を使います(参考: foreach文とは)。
foreach文の詳細は、上記の記事をご覧ください。
ここでは、そのような構文があり、連想配列とセットになることだけ押さえてください。

<?php
	$product = [
		"name" => "ペン",
		"price" => 100,
		"color" => "黒", 
	];

	foreach($product as $key => $value){
                echo $key." ".$value.",";
        }
?>

表示結果:name ペン, price 100, color 黒,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP