【SQL入門】列に別名を付ける


SELECT文で抽出した列(カラム)には別名を付けることができます。

書き方は以下の通りです。

select カラム名 as 別名 from テーブル名;

前回紹介したSELECT文の基本構文に、AS句が挿入された形です。

今回も、例として以下のテーブル(テーブル名:teachers)を使用します。

例1.teachersテーブルからnameを検索し、「名前」という別名を付ける。


select name as 名前 from teachers;

 

カラムを複数指定した場合も、それぞれに別名を付けることができます。

例2.teachersテーブルからidとnameを検索し、「番号」、「名前」という別名を付ける。


select id as 番号, name as 名前 from teachers;

 

 

また、AS句は省略することが可能です。

例1であれば


select name 名前 from teachers;

と書いても同じ結果が得られます。

 

以上、「列に別名を付ける」でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP