【PHP入門】論理演算子とは


変数と演算子⑦

PHPでプログラムを書いていく上で必須となる「論理演算子」とは何なのか見ていきましょう。


■論理演算子とは

TRUEやFALSEに対して論理演算を行うもので、if文などで条件分岐の判定に使われます。
論理演算子には以下のような種類があります。

  • 論理和( and, && )
    左辺と右辺がともにTRUEならTRUEを返す

    $a = (true and true);
    $b = true && false;
    var_dump($a); // bool(true)
    var_dump($b); // bool(false)
    
  • 論理積( or, || )
    左辺と右辺のどちらかがTRUEならTRUEを返す

    $a = (false or true);
    $b = false || false;
    var_dump($a); // bool(true)
    var_dump($b); // bool(false)
    
  • 排他的論理和( xor )
    左辺と右辺がともにTRUE、またはともにFALSEの場合にFALSEを返す

    $a = (true xor false);
    $b = (true xor true);
    var_dump($a); // bool(true)
    var_dump($b); // bool(false)
    
  • 否定( ! )
    オペランドがTRUEの場合はFALSE、オペランドがFALSEの場合はTRUEを返す

    $a = true;
    $b = false;
    var_dump(!$a); // bool(false)
    var_dump(!$b); // bool(true)
    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP