Developer

【SQL基礎】Viewの削除
2021.08.31
Lv1

【SQL基礎】Viewの削除

これまでViewの作成方法や更新について紹介してきました。

Viewを使用することで、各テーブルから必要なデータだけを抜粋できるのでデータが参照しやすくなります。本記事では、一度作成したViewが不要になった時のViewの削除方法について説明していきます。

 

Viewの書式


Viewの削除を行うには「DROP VIEW文」を利用します。

書式は以下の通りです。

DROP VIEW (IF EXISTS) View名;

DROP VIEWのイメージ

指定したViewが存在しなかった場合、エラーとして処理が終了してしまいます。

記述したSQL文をエラーにしたくない場合は、「IF EXISTS」を記述することで正常終了することができます。

実行後、SELECT文で削除した「teachers_view」を参照しようとしてもエラーになるはずです。

 

Viewの削除


実際に試してみましょう。

まずは作成されているViewを確認します。赤枠で囲っているものがViewです。

今回はこの2つのViewをDROP VIEW文で削除します。

DROP VIEW teachers_view;
DROP VIEW class_view;

実行するとteachers_viewが削除されます。

確認のために再度テーブル一覧を確認します。

Viewが削除できていることを確認できました。

また、SELECT文で削除したteachers_viewもしくはclass_viewを参照しようとすると以下のようなエラーになります。

存在しないViewの削除


存在しないViewを削除しようとするとエラーになります。

先ほど削除した「teachers_view」を再度DROP VIEW文で削除してみます。

DROP VIEW teachers_view;

削除するViewが存在していない場合は、Viewの削除処理を行わないようにDROP VIEWの後ろに「IF EXISTS」を記述します。

DROP VIEW IF EXISTS teachers_view;

存在しないViewを指定してもエラーにはなりませんでした。

今回の学習ポイント


・不要なViewはDROP VIEW文で削除できます。

・存在しないViewを削除しようとするとエラーになる。

・DROP VIEWの後ろにIF EXISTSを付ければ、存在しないViewを削除しようとしてもエラーにならない。

 

練習問題

問題として使用するデータは「SQL練習問題」のものを使用しています。

以下からダウンロード可能です。

以下のようにしてworldcup2014データベースを作成し、インポートしてください。

※worldcup2014.zip解凍してできるworldcup2014.sqlファイルをCドライブ直下に配置した場合。

worldcup2014.sql

CREATE DATABASE worldcup2014;
USE worldcup2014;
Source C/worldcup2014.sql
  1. Viewを削除する文を以下から選択してください。

・DELETE VIEW文

・ALTER VIEW文

・RESET VIEW文

・DROP VIEW文

答え

・DROP VIEW文

 

以上、Viewについてでした。

次回は「トリガーとは」です。
 

 

連載目次リンク

SQL基礎 連載目次

関連する連載リンク

SQL練習問題 一覧まとめ